報道部と「テクルペ」がコラボし、定期連載を行います

5月10日より、本学と仙台放送が運営する「東北大学ポケットガイド テクルペ」に、これまでの東北大学新聞の記事が定期的に掲載されることとなりました!!
今まで以上に多くの方に読んでいただけると幸いです。

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

羽生結弦選手パレードの写真特集ページを開設しました

羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレードで報道部が取材した際に撮影した写真をまとめた特設ページを開設しました。
杜の都の感動をもう一度思い出しませんか?
特設ページはこちら
記事はこちら

読み込み中

【七大戦特集】学友会柔道部 ~連覇に向けて~

練習場に威勢のいい声が響く。本学柔道部は6月14日から15日にかけて京都市武道センターにおいて行われる七大戦に向け、より一層気合を入れて練習に取り組んでいた。




去年は優勝という素晴らしい結果を残した柔道部。しかし、去年の結果に慢心することなく、今年も優勝を目指し七大戦に挑む。

 「私たち柔道部の強みは頭を使った柔道をすることです」と柔道部主将の芝野将太さん(工・3)は言う。力だけに頼る柔道では、体格が良い選手には勝つことができない。しかし、頭を使った戦略的な柔道では体格差がある相手に対しても臆することなく挑むことができる。頭を使った柔道をするために、考える時間をなるべく多くとれるように工夫して練習を行ってきた。気づいた点があればお互いに指摘しあう。疑問点があれば練習後のミーティングで確認をする。日々の練習の積み重ねにより、柔道部の強さは支えられている。

 もう一つ柔道部の強さを支えるものがある。それはOBの存在だ。OBは金銭面での支援はもちろん、練習に駆けつけ指導まで行っている。周りの支援に応えるためにも、柔道部は連覇を目指す。

 「先陣を切って七大戦に臨みますが、優勝をしてほかの部にも勢いが出るようにしたいです。応援よろしくお願いします」と芝野さんは語った。
七大戦 2693689180879109640

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts