読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【七大戦】男子バレーボール競技優勝 個人技生かし連携力で勝利

 七大戦バレーボール競技が8月6日から10日にかけて仙台市新田東総合運動場にて行われた。学友会男子バレーボール部はかねてからの目標を達成し、3年ぶりの優勝に輝いた。




 主将を務めた塩田忠克さん(経・4)は、「嬉しい気持ちと共にほっとした気持ちがある。これまでやってきたことが最後に実を結んで良かった」と優勝の感想を述べた。勝因としては、一人ひとりの技術だけでなく、個人技を生かすチームの連携が他大学に上回っていたことを挙げた。試合を通して他大学との決定的な力の違いを実感したという。

 七大戦直前の練習では得点につながる技を決めきる力を伸ばすことが重視された。技が決まらなくなると心の脆さが出てしまう。決める力を強化することで試合中でも心に余裕が生まれ、課題であったメンタルの強化にもつながった。本番でも相手に1セット目を先取された場面から逆転して勝利を収めた試合があった。動じることなく、自分たちがやるべきことをやれば勝てると思えたことが結果につながったのである。 

 七大戦後に、主力となっていた学部4年生は引退。これまではセンターとレフトの強みを生かせる試合運びを目指したチーム作りをしてきた。新たな世代に向けて「自分たちのいいところを見つけ、そこを伸ばして勝てるチームを作ってほしい」と塩田さんはエールを送った。
七大戦 4883510944423287667

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts