「東北大学祭2018」写真特集ページを公開!

11月上旬に行われた「東北大学祭2018 ~笑う祭(フェス)には福来たる~」。紙面の都合などで掲載できなかった写真などをまとめました! ページはこちら

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

【さぁくるどうでしょう】⑫-ルービックキューブサークル

 カチカチカチ。小気味良い音が食堂に響く。テーブルにはさまざまな形をしたルービックキューブ。目にも止まらぬ速さで指を動かし、あっという間に6面を完成させてしまう。
 
 東北大学ルービックキューブサークルは現在部員10人、週1回川内北の杜ダイニングで活動している。
 
 

 ひとくちにルービックキューブと言っても実は奥が深い。立方体の各面に3×3マスの色が塗られた一般的なものから、4×4マスのもの、正十二面体のものまであり、大きさや難易度は様々だ。部員は各々がやりたいルービックキューブを持ち寄り、解くまでの時間の速さを競うスピードキュービングを行う。
 
 「練習の成果が如実に表れるのが良い」と代表の石澤夏希さん(理・2)は魅力を語る。ルービックキューブを速く解くにはもちろん指先の技術も必要ではあるが、どれだけ多くのパターンを暗記するかも重要である。一つひとつパターンを覚える度に、解くスピードも速くなる。まさに練習しがいがあるというものだろう。
 
 ルービックキューブというと黙々と解いていくイメージがあるが、サークルの雰囲気はいたって和やかだ。互いに解き方について教え合い、切磋琢磨しているという。
 
 ルービックキューブを実際に見たり触ったりしたことはあるだろうが、全ての面を揃えられる人は少ないだろう。サークルではルービックキューブに興味がある人を随時募集している。「揃え方を知らない人でも一から教えるので大丈夫」と石澤さん。ルービックキューブサークル、どうでしょう。
さぁくるどうでしょう 4868971280914806209

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts