報道部と「テクルペ」がコラボし、定期連載を行います

5月10日より、本学と仙台放送が運営する「東北大学ポケットガイド テクルペ」に、これまでの東北大学新聞の記事が定期的に掲載されることとなりました!!
今まで以上に多くの方に読んでいただけると幸いです。

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

羽生結弦選手パレードの写真特集ページを開設しました

羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレードで報道部が取材した際に撮影した写真をまとめた特設ページを開設しました。
杜の都の感動をもう一度思い出しませんか?
特設ページはこちら
記事はこちら

読み込み中

二宮康明氏紙飛行機展 ~ものづくりの魅力伝える~

 小企画展「二宮康明氏紙飛行機コレクション」が、10月28日からスリーエム仙台市科学館で開催されている。二宮康明氏は仙台市出身で、現在日本紙飛行機協会会長を務める世界的な紙飛行機設計の権威だ。




 今回の小企画展では、二宮氏から寄贈された紙飛行機約140点をはじめ、紙飛行機の手書きの設計原図、二宮夫妻の作成した油絵などが展示されている。展示されている紙飛行機は、第一回国際紙飛行機サンフランシスコ大会でグランプリに輝いた機体のレプリカをはじめ、機体の組み立てにホチキスが使用されているホチキスベグや、ヘリコプターの珍しい形をした変形機など普段目にしない様々な機体がある。二宮氏の作成した創意工夫に富んだ様々な紙飛行機からは、繊細な技術性だけではなく、ものづくりに必要な根気強さを感じられる。

 小企画展では紙飛行機の機体のみならず、二宮夫妻の作成した油絵や写真も展示されている。鳥に交じって空を飛ぶ紙飛行機の写真をはじめとした作品は多くの来場者の目をひいており、紙飛行機の魅力を機体そのものだけではなく様々な角度から楽しむことができる。

 「今回の企画展を通して、二宮氏の業績や紙飛行機設計に関する技術だけではなく、ものづくりの本質的な魅力や奥深さを学んでもらいたい」と小企画展担当者の宮崎元晴さんは話した。

 小企画展は来年1月9日まで開催。展示室に入る際、入館料として一般540円、高校生320円、小・中学生210円が必要。開館時間は午前9時から午後4時45分まで。
イベント 1986493561343902690

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts