報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

【一言居士】―2018年1月―アイドルと闘将

 昨年で誕生から100年になり、長い歴史を紡ぐ日本産アニメ。中でも、昨今のアイドルアニメの豊富さには目を見張る。「ラブライブ!」「アイドルマスター」に、宮城が舞台の「Wake Up, Girls!」と、熱狂的なファンを抱える作品は数知れず。どの作品も登場する主人公たちのひたむきさに胸を打たれる▼「アイドル」という言葉はもともと「偶像」「偶像崇拝」の意味であり、現在のような「あこがれの的」という意味合いで使われるようになったのは20世紀以降だ。個人の自由をうたう潮流に合わせて、「アイドル」は特定の人にとっての熱狂的なものへ姿を変えた▼自分にとってのアイドルは誰だったかな。そう考えていた時に飛び込んできた訃報だった。東北楽天の星野仙一球団副会長が亡くなった。2013年に日本一に輝いた「星野イーグルス」は、球史を変え、被災地に光をもたらした▼日本一決定戦を現地で観戦して以来、「闘将」に惚れ、崇拝してきた。生き方の指針にしてきた。まさにアイドルだった、と目を閉じ確かめた▼だが、今は誰もがアイドルになれる時世といえるだろう。親友や恋人や恩師、家族だって立派なアイドルとなりうるのだ。せっかく生きているんだ、誰かのアイドルになれるように、この世界を歩んでいこう。星野監督の「迷ったら前に出ろ」の教えを信じて。
(文責:村上)
一言居士 6602539913440054709

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts