「東北大学祭2018」写真特集ページを公開!

11月上旬に行われた「東北大学祭2018 ~笑う祭(フェス)には福来たる~」。紙面の都合などで掲載できなかった写真などをまとめました! ページはこちら

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

【一言居士】―2018年4月―男はしれっとしていればいい

 「男はしれっとしていればいい」という言葉には独特の重みがある。気まずさや後ろめたさを抱く物事に対してどう向き合っていけばいいのか。「なに簡単なこと、気にしなければいいのだ、男はしれっとしていればいい」この一文をある漫画で見かけてから、私は腹の中にすとんと落ちるような落ち着きを手にすることができた▼そういえばこの間の国会では佐川宣寿氏が終始しれっとした答弁をしていた。財務省が森友学園との土地取引をめぐって問題で文書を改ざんしていた問題。「だれがどういう経緯で改ざんを指示したか」という質問に対して自身の「刑事訴追の可能性のために答弁を差し控える」と佐川氏。事実がどうであれ自身の口からは決して公にはしない様子だ▼個人的な小さなことであれば当事者も少ないしそのうち風化する見込みがある。しかし国レベルの大きな問題ではどうか。一部の国民をはじめ、野党はいつまでも抗議し続けるだろう。そうなってくると「男はしれっと」など言っていられなくなる。
(文責:鈴木)
一言居士 6737481724906121922

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts