平成30年の新歓活動について

報道部が主催する新歓イベントはすべて終了しました。
ですが、部室への訪問や部会の参加は大歓迎です!
詳しくは「入部希望の方へ」をご覧ください。
「エイプリルフール号」はこちら
「受験生応援号」はこちら

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

広報紙「学友会」23号が発行されました

大学公認の課外活動の広報紙で、報道部が記事を執筆している「学友会」の第23号が発行されました。
入学式で配布したほかに、大学内ラックにも設置されつつあります。
設置状況については大学にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【七大戦】学友会航空部 健闘 ~4位へ躍進~

 全国七大学総合体育大会の航空競技が2月19日から24日の6日間にわたって、千葉県の関宿飛行場で開催された。大会ではグライダーと呼ばれる飛行機に乗り、飛行開始から会場の周りに設定された3地点を経由し、会場に戻って来るまでのタイムを競う。



 本学からは学友会航空部が出場し、7大学中4位という成績を残した。前大会では5位であったため、前年と比べ一つ順位をあげる結果となった。

 今七大戦は本学が主管校。そのため本学航空部が大会運営を主に任されたが人手が足らず、非常に苦労したという。そのような状況の中で挑んだ今大会。「大会前は準備を任され大変だったが、緊張せず落ち着いて迎えることができた」と主将の長谷川幸弘さん(工・4)は語る。「気象条件がよく、どの大学も記録を伸ばしてきて、非常に激戦になった。そのため3位の京都大学航空部との差も僅差であった」という。3位があと一歩で見えた一方、1位東京大学との差も感じた。「航空競技は体より頭を使う。東京大学の航空部は何気ない練習の中でも毎回しっかり考えながら飛行している。見習わなくてはいけない点だ」と語る。

 今大会で印象に残ったことについて長谷川さんは、前年に比べタイムを大幅に縮めることができたことを挙げる。「年々、部全体の技術があがっており、それにつれて順位もあがっている。また部員の人数が少ないため1・2年生は経験を多く積むことができている。次の七大戦は非常に期待できる。来年の目標はもちろん優勝」と意気込んだ。次の七大戦では大空を颯爽と翔け、優勝カップを勝ち取ることを期待したい。

七大戦 110860020629888199

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts