報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

報道部と「テクルペ」がコラボし、定期連載を行います

5月10日より、本学と仙台放送が運営する「東北大学ポケットガイド テクルペ」に、これまでの東北大学新聞の記事が定期的に掲載されることとなりました!!
今まで以上に多くの方に読んでいただけると幸いです。

羽生結弦選手パレードの写真特集ページを開設しました

羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレードで報道部が取材した際に撮影した写真をまとめた特設ページを開設しました。
杜の都の感動をもう一度思い出しませんか?
特設ページはこちら
記事はこちら
記事PDF版は上部メニュー「PDF版はこちら」から、445号1面及び4面をご覧ください。

合わせて、国民栄誉賞の受賞が決定した羽生選手、誠におめでとうございます!

本HP通算60万ビュー数達成!

6月9日、報道部HPの通算60万ビュー数を達成いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

読み込み中

【七大戦】学友会男子ラクロス部 ~チーム一丸で雪辱へ~

 七大戦男子ラクロス競技が9月4日から6日にかけて、本学川内グラウンドにて行われる。昨年は最下位に終わった男子ラクロス部は、今大会において昨年の雪辱を誓う。

 男子ラクロス部は部員100人を超える大人数で活動を行っている。チーム内にはAチーム、Bチーム、1年生チームの3つのチームがあり、それぞれのチームの中で課題を見つけながら日々の練習に取り組む。チームに競争を取り入れることで選手の層が厚くなり、昨年は見事11年ぶりの全国大会出場を果たした。今大会に臨むのは将来の活躍が期待されるBチームの選手たちだ。「選手には、自分のプレーに自信をもって大会に臨んでほしいですね。戦うからには、どんな相手でも勝利を目指します」と主将の青山元樹さん(法・4)は意気込む。
 大会に臨む上で大切な存在は選手だけではない。マネージャーの存在が必要不可欠となる。マネージャーは練習の準備やテーピングなどチームを支える仕事に加え、試合のビデオ撮影など、チームの戦術にかかわる仕事まで行う。いわばコート外の選手として重要な役割を担っているのだ。ラクロスは体力面だけでなく戦術面も重要視されるスポーツであるため、その役割は欠かすことのできない存在となっている。マネージャーを含めチーム全体が一丸となり、今大会に臨む。「ラクロスはまだまだ認知度が高くないスポーツではありますが、一度見てもらえればその魅力を知っていただけると思います。大会の会場も近く絶好の機会ですので、ぜひ応援に来てください」と青山さんは語った。
七大戦 7968199284154432390

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts