作文コンクールを実施します!

報道部では、昨年度に引き続き、「『とんぺー生の夏休み』作文コンクール」と題して、「夏」をテーマとした小説やエッセイを幅広く募集いたします。
ぜひご応募ください!
応募要項はこちら

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、Zoomを利用したオンライン活動説明会が全日程終了したことを踏まえ、5月末を新歓活動の一区切りとしております。
入部を希望される方は、TwitterのDM、またはLINEの新歓公式アカウントまでその旨をお伝えください。この期間に入部していただくと、7月号の制作より参加することができます。
また、報道部では随時新入部員を募集しておりますので、興味のある方はぜひお声がけください。

課外活動の禁止措置に対する報道部の対応について(5/30更新)

3月30日、本学より課外活動の禁止(ただしオンラインでの会議や個人練習を除く)が通達されました。
報道部では、週1回行っている部会について、オンラインでの実施をいたします。紙面製作は部員のノートパソコン等で行い、当面の間ブランケット版2面で発行いたします。なお、河北新報様への折込(五橋・片平地区周辺900部)は通常通り行いますが、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布は当面行いませんので、本ホームページを通して記事をお楽しみください。
また、広報紙『学友会』については、7月の発行を見送ることとなりました。ご了承ください。

TBCラジオで紹介されます!

2019年4月23日より、TBCラジオ「NEW NEWS」(月〜金・午後4時〜)内のコーナー「学生新聞拾い読み(仮)」にて、東北大学新聞の記事が紹介されています。毎週火曜日、午後4:20頃からの放送となります。ぜひお聞きください!

読み込み中

【秒撮】震災遺構 荒浜小学校 ~記録を残す 記憶をつなぐ~


 来年の3月で東日本大震災の発生から丸10年を迎える。宮城県内には、主に太平洋の沿岸部を中心に、震災の爪痕を残し、教訓を伝える震災遺構が数多く保存されている。


 仙台市若林区にある震災遺構、仙台市立荒浜小学校は、海岸から約700メートルの距離にある。震災時には、4階建ての校舎の2階部分まで津波が到達。児童や教職員、地域の住民など320名が校舎の屋上や3階・4階に避難し、翌日夕方までに全員救出された。一方で、荒浜地域周辺だけで190名以上もの犠牲者が出ている。

 荒浜小学校は2017年4月に震災遺構として公開された。校舎の外周や1階・2階の部分は、津波の被害をできるだけ手を加えずに残している。4階では、荒浜小学校の震災当時の記録を写真や映像で展示するほか、荒浜地区の歴史や文化、閉校前の思い出なども紹介されている。当時5、6年生が使用していた教室は、黒板の板書や時間割表などの一部がそのまま展示されており、震災直前まで「日常」があったことが分かる。

 新型コロナウイルス感染症の影響により、荒浜小学校も約1カ月の臨時休館を余儀なくされたが、5月19日に再開、6月19日には職員による施設案内も再開している(ただし、案内は事前予約が必要)。「3・11」の記録と記憶を、ぜひ自身の目で確かめてほしい。
復興の今 6444662149051374895

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts