報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、秋のオンライン新歓を開催中です。
活動内容の説明に加え、報道部の現役部員と交流ができる企画も用意しております。
ぜひお気軽にご参加ください!
詳細はこちら

報道部の今後の活動方針について(10/2更新)

本学の課外活動ガイドラインが9月4日にStep3に移行となりました。これにより、課外活動の制限が緩和されています。
報道部では、週1回行っている部会のオンラインでの実施、部員のノートパソコン等を用いた紙面製作を継続いたします。また、前期の取材は主にオンラインで実施してまいりましたが、後期については感染症対策を万全に実施したうえで、対面での取材も徐々に再開していく予定です。
10月号(10月中旬発行予定)は例年通り、ブランケット版6面で発行いたします。河北新報様への折込(五橋・片平地区周辺900部)は通常通り行います。また、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開していきたいと考えております。再開時期等決まりましたらお知らせいたします。それまでは本ホームページを通して記事をお楽しみください。
また、広報紙『学友会』については、10月に6面編成(3つ折り)で発行予定です。もうしばらくお待ちください。

読み込み中

学習支援センター SLAサポート ~より深い学びを支援~

 大学での学びは、高校までの学びとは大きく異なっている。より主体的に、より専門的なことを学習するようになり、戸惑うこともあるだろう。そんな学生の手助けをしてくれるのが、東北大学学習支援センターの「SLAサポート」である。
 SLAサポートとは、主に新入生の学びを支援するための制度である。他大学と比べても、本学ほど大規模で充実した支援体制を築いているのは珍しい。SLA(Student Learning Adviser)を務めるのは学部3年以上の学生たち。今は36名のSLAが活動している。数学・物理などの理系科目、レポート作成、英会話など、そのサポート内容は多岐に渡っている。SLAは問題の答えを教えるのではなく、そこに行き着くまでの道筋やヒントを示す。それをもとに相談者自身が考えることで、学びを深化させられる。さらに、学生同士の学び合いの場である自主ゼミ実施のサポートや学習イベントも行っており、さまざまな観点から学びについて考える機会を提供している。このように、SLAは学ぶ過程を支援してくれる。

 今年度前期は新型コロナウイルス感染症の影響で、すべての学習支援活動をオンラインで実施してきた。定期的に支援を行うことができた一方で、オンラインだと参加するまで活動の様子が見えにくい点が課題であった。今後は広報に力を入れつつ、学生の状況に柔軟に対応しながら、より利用しやすい場にしていく予定である。

 学習支援センタースタッフ(教職員)によると、大学で学ぶために高校生の皆さんが今できることは、多角的な視点を養うことである。複数の本を読み比べて内容を検討したり、物事を批判的に考察したりすることが効果的である。また、インターネットを誰でも利用できる時代だからこそ、大量にある情報の真偽や質を見極めていくことが重要である。そして何よりも、自分自身の健康を保ち、規則正しい生活を送ることを忘れてはならない。

 受験生の皆さんには、来る大学での学びを楽しみに、勉強への意欲を高めてもらいたい。入学後にはSLAサポートを積極的に利用し、学問の世界を突き詰めてほしい。
高校生向け 3066874483689988811

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts