読み込み中

【さぁくるどうでしょう】(30)クイズ研究会

  知力を尽くし、早押しクイズでしのぎを削っている団体がある。第30回「さぁくるどうでしょう」で紹介するのは「クイズ研究会」だ。


 クイズ研究会は今年15名の新入部員が加わり、40名の体制となった。主な活動内容は、メンバー同士での早押しクイズの対戦。専用の早押しボタンを使い、ほかの人よりもいかに速く問題に正解できるかを競う。問題は専門のサイトで売られている問題集や、大会の物販で購入したものを使う。本格的な機材や問題を使い、実戦形式の練習が気軽に行えることがクイズ研究会の強みだ。


 昨年までの活動場所は主に部室で、クイズをしたい部員が集まり次第、自由に問題に臨んでいた。加えて週に2回程度、部員が考案したルールや問題を使う部内クイズ大会も企画しており、大学の空き教室を借りて開催していた。また、日頃の成果を発揮する場として、一般の団体が主催する大会に出場することもできる。大会の形式は多岐に渡り、チーム戦や初心者向けのものもあるので、誰でも気軽にエントリーできる。


 現在の活動は、キャンパス内への立ち入り制限を受け、インターネットを通じて行っている。参加者同士で通話をつなぎ、ウェブブラウザの早押しボタンサイトを使用して問題に回答する。問題の読み上げの遅延をなるべく減らせるよう、タイムラグの少ないミーティングアプリ、Discordを利用するなど独自の工夫も凝らしたそうだ。代表の佐々木洸輔さん(理・2)は「コロナの影響を受けて従来の活動が制限されましたが、オンラインを活用することで、ある程度は現状の維持をすることができました」と語る。部室に入りきらなかった大人数での練習や、時間に縛られない長丁場でのイベントができるといった、オンラインならではの収穫もあったという。


 クイズ研究会の魅力について佐々木さんは「分からなかったことが分かっていく喜びが感じられること」、「努力した分だけ結果がついてくること」の2点を挙げる。部員の大半は大学からクイズを始めており、未経験者の入部も歓迎している。新歓イベントとして初心者向けのクイズ体験会や、新入生企画を開催しているので、興味のある方は公式Twitterの情報を確認してほしい。クイズ研究会、どうでしょう。

サークル活動 5793161283801145804

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

報道部の今後の活動方針について(11/22更新)

本学の課外活動ガイドラインが11月3日にStep4に移行となりました。これにより、対面での課外活動が徐々に再開可能となっております。
報道部では、毎週水曜の部会をC棟教室で対面実施し、部員のノートパソコンや部室のPCを用いた紙面製作を今後行っていきます。また、前期の取材は主にオンラインで実施してまいりましたが、後期については感染症対策を万全に実施したうえで、対面での取材も再開しております。
また、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開して参ります。東北大学新聞の記事および紙面PDFは、毎号本ホームページを通して閲覧可能です。
また、広報紙『学友会』の制作については、今後随時情報を発信してまいります。

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、対面新歓期間に各回18時より、C201教室で説明会&部会を実施予定です!以下日程です。
②11/25(水), ③12/2(水), ④12/9(水)
活動内容の説明に加え、報道部の現役部員と交流ができる企画も用意しております。
ぜひお気軽にご参加ください!
日時・場所などの詳細はこちら

Twitter

Random Posts