読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【七大戦特集⑨】準硬式野球部 ~昨年のリベンジ果たし1位に輝く~

 本学準硬式野球部が、第53回全国七大学総合体育大会において1位に輝いた。昨年の順位は3位で、リベンジを果たした結果となった。

 昨年までの3年間は、九州大学の優勝。本学も昨年はコールドゲームでの敗北を喫していた。しかし今大会では九州大学を準決勝で破り、勢いそのままに決勝で東京大学を下した。

 「優勝の要因は、大会を通して打線の調子がよかったこと」と語るのは、部員の菊池真裕さん(工・2)。「打って勝つ」チームが本番でも実力を出せたのが大きいとのことだ。中には大会のベストナインとして表彰された選手もいる。

 菊池さんは七大戦後、新しく主将を務める。七大戦を機に、優勝を経験したナインの多くが引退。レギュラーメンバーのうち7人が替わった。新チームで臨んだ秋のリーグ戦は、3勝2敗で3位に終わった。接戦に強い粘り強さを発揮した一方で、序盤の大量失点を引きずるコールド負けが目立った。敗因は連戦によるエースの疲労。投手全体のレベルアップが課題だ。

 来年の七大戦について、菊池さんは「狙うのは、もちろん優勝。悔いのないように全力で挑んでいきたい」と語る。準硬式野球部のこれからが楽しみだ。


七大戦 667895016436452548

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts