読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【七大戦】学友会フェンシング部 ~ライバル下し完全優勝へ~

 七大戦フェンシング競技が、8月16日、17日に本学川内体育館で行われる。普段の活動内容や、七大戦への意気込みについて、学友会フェンシング部主将の孫祖文(そんそふみ)さん(医・2)に話を伺った。

 現在、フェンシング部は部員23人で活動しており、週4回ほど練習をしている。フットワークや剣の使い方などの練習をし、時には試合形式での練習をするときもあるという。七大戦が近づいてはいるが、普段通りの練習を欠かさずに行っているそうだ。「学友会ではあるが、上下関係などの厳しさはない。しかし、練習にはまじめに取り組んでいる」と孫さんは語る。
 七大戦フェンシング競技はエペ・フルーレ・サーブルという使用する剣やルールの異なる3種目に分かれている。それぞれの種目に各大学5人が出場して大学同士のリーグ戦を行い、3種目の勝ち点の合計が最も多い大学が優勝となる。「ライバルとなるのは東京大学と京都大学だ。人数が多く、層が厚い」と孫さんは分析する。
 今年の七大戦において、フェンシング部は3種目全てで優勝しての完全優勝を目標としているという。「完全優勝目指して頑張るので、応援してほしい」と孫さん。昨年の七大戦では総合3位と、一歩及ばなかったフェンシング部。見事目標を達成し、総合優勝なるか。期待がかかる。
七大戦 225095058324370555

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts