本HPが通算50万ビュー達成

2月19日、本ホームページの通算ビュー数が50万となりました!!
ひとえにご覧いただいている皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。これからも宜しくお願い致します。

今年も「受験生応援号」を発行します

前期選抜入試に合わせて「東北大学新聞 受験生応援号」を発行いたします。
部員自ら手渡しで配布いたしますので、お手に取っていただければうれしいです。
ネット配信も予定しておりますのでどうぞお楽しみに!

報道部部室が一時移転します

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転となります。
移転は2月27日以降の予定です。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞受賞

東北大学学友会報道部は、平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。
今年度は20団体が受賞しております。
今後とも学友会報道部をよろしくお願いいたします。

読み込み中

【一言居士】―2015年10月―スマホ

 後期が始まって約2週間。夏休み気分も抜けてきた頃だろうか。9月から交換留学でカリフォルニアに滞在している筆者は、英語での講義に忙殺されている毎日である▼こちらに来て驚かされたのが、電子機器に対する大学の態度である。多くの講義ではPCやタブレットの使用が禁止され、教授たちは学生にペンを使ってノートを取るよう勧めている。最近の研究によると、PCでのノート取りや講義中のマルチタスキングは学習効果を下げるだけでなく、周囲にも悪影響を与えるのだという▼翻って本学はどうだろう。ペンとノートを使う学生が大勢を占めているが、多くの人はその脇に小さなパートナーを置いている。スマートフォンだ▼便利な機能を持つスマホだが、SNSやゲームなど講義中の使用には誘惑も多い。実際、教室の後ろの方では講義に飽きた学生がスマホをいじっている▼新学期の始まりは今までの習慣を変えるチャンスでもある。講義への集中は、少なくとも出席している限り、国に関係なく学生に求められているのではないだろうか。
(文責:南井)
一言居士 7653019235943508127

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts