読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【書評】『幻獣ムベンベを追え』 高野秀行 集英社文庫

 旅や冒険、探検に憧れる人は多いだろう。見知らぬ土地に行き、未知の体験をすることで、自分の世界観が変わりそうな予感、何かが待っているという期待感。それでもやはり、拭い切れないのは「不安感」だ。憧れてはいても、実際に一歩踏み出すまでには多少の勇気がいる。




 このノンフィクションを読んで、探検家たちの思い切りの良さに度肝を抜かれた。「えーと、それでぼくたちは怪獣を探しに行こうと思ってます」。1986年、早稲田大学探検部のミーティングで当時大学3年生だった筆者・高野秀行氏は言った。コンゴ共和国奥地の湖に、謎の怪獣・モケーレ・ムベンベが棲息しているといわれている。その怪獣を探しにジャングルへ行こうと言うのだ。筆者をはじめとした探検部員11人は、熱帯ジャングルでの怪獣探索サバイバルに挑む。

 コンゴの密林で怪獣探しをするだなんて聞けば耳を疑うが、本人たちは大真面目である。怪獣やコンゴに関する多くの文献を翻訳し、入国許可を申請し、スポンサーの協力により機材を調達し、現地の言語を学び、現地人とともに湖へ赴き、超過酷なキャンプ生活の中で、連日湖の観察をする。呆れてしまうほどのことを、自分と同じ大学生たちがやってしまったのだ。

 私には想像もつかないような体験を、笑いどころ満載の文でつづっているこの本。怪獣は発見できるのかとつい引き込まれてしまう。「何とかなると思えば、たいてい何とかなる」というのは筆者の信念。読んでいると勇気が湧いてくる一冊だ。
書評 5683017023195394641

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts