「東北大学祭2018」写真特集ページを公開!

11月上旬に行われた「東北大学祭2018 ~笑う祭(フェス)には福来たる~」。紙面の都合などで掲載できなかった写真などをまとめました! ページはこちら

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

【書評】『思い出トランプ』 向田邦子 新潮文庫

 「人間臭い」という言葉は良い意味にも、悪い意味にもとれる。情に厚い人を指す一方、私利私欲に満ちた人をも指す。なんとも微妙な形容詞だ。




 向田邦子の短編集『思い出トランプ』は、そんな「人間臭い」人々がたくさん登場する。直木賞受賞作『花の名前』を含む13篇を収録。一つひとつの話の長さが20ページほどなので、通学の電車や寝る前のちょっとした時間にさらっと読むことができる。

 冒頭の『かわうそ』に読者は衝撃を受けるだろう。天真爛漫なかわいらしさに反して、平然と「うそ」をつく残忍さを持った妻・厚子と、脳卒中に倒れた夫・宅治の関係を描く秀作である。

 登場人物の感情の機微を些細な描写によって象徴的に表現する、筆者の筆力が素晴らしい。例えば、宅治は病に倒れた後「頭のなかで地虫が鳴いている」ようになる。妻の内に潜む純真な悪意の存在を意識する度に、その「じじ、じじ、」という不穏な音が宅治の頭に響く。怒りとも嫌悪ともつかない感情が、鼓膜の奥で渦を巻く。思わず自分の耳元を手で払ってしまうほど、宅治の心情を追体験しているような錯覚に陥るのである。

 昭和を舞台にした市井の人々の暮らしぶりも本書の魅力だ。登場人物、特に女性の言葉遣いには温かみに満ちた優しい響きが感じられる。包丁研ぎやあさりの砂抜きといった何気ない生活の跡にも、故郷の母を思うような懐かしさを感じる。

 だが、前述したように、そこに秘められた「人間臭さ」を読者はどう感じるだろうか。そこはかとなく漂う臭気を、ぜひとも堪能してみてほしい。
文芸評論 5314256238409124147

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts