報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、秋のオンライン新歓を開催中です。
活動内容の説明に加え、報道部の現役部員と交流ができる企画も用意しております。
ぜひお気軽にご参加ください!
詳細はこちら

報道部の今後の活動方針について(10/2更新)

本学の課外活動ガイドラインが9月4日にStep3に移行となりました。これにより、課外活動の制限が緩和されています。
報道部では、週1回行っている部会のオンラインでの実施、部員のノートパソコン等を用いた紙面製作を継続いたします。また、前期の取材は主にオンラインで実施してまいりましたが、後期については感染症対策を万全に実施したうえで、対面での取材も徐々に再開していく予定です。
10月号(10月中旬発行予定)は例年通り、ブランケット版6面で発行いたします。河北新報様への折込(五橋・片平地区周辺900部)は通常通り行います。また、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開していきたいと考えております。再開時期等決まりましたらお知らせいたします。それまでは本ホームページを通して記事をお楽しみください。
また、広報紙『学友会』については、10月に6面編成(3つ折り)で発行予定です。もうしばらくお待ちください。

読み込み中

【施設紹介】厚生会館 ~東北大生の生活の支え~

 川内北キャンパスに位置する厚生会館。ここでは本学の大学生協と指定事業者が食品、書籍、日用品等を取り扱っており、多くの本学学生が利用している。高校生の皆さんに、利用する学生の声とともにこの厚生会館を紹介していく。

 まずは川内の杜ダイニング。全キャンパスで最も大きな食堂である。カレーを注文する快速レーン、日替わりの定食を取る定食レーン、自分の好きなメニューを選べるアラカルトレーンの三つに分かれている。学生からは「大学生は基本お金がないから安くて助かる」、「小鉢やサラダなどの小皿メニューが豊富だ」、「メニューのバラエティーに富んでいるので好きなものを選べる」といった声が上がった。また食事以外にも、授業の発表の打ち合わせや友人との雑談、自習に活用しているという。

 次に購買書籍店。ここでは、食品や書籍、文房具、生活用品、パソコン用品を取り扱っている。書籍は教科書や参考書だけでなく、小説や漫画、雑誌も取りそろえている。「組合員証を見せると書籍を10%引きで買えるのがありがたい」、「自販機より安いから夏はいつも飲み物を買っていた」という声も聞かれ、学生の日常生活に役立っているようだ。他にも語学検定やクレジットカードの申し込みができることも便利だと評判だ。

 最後にトラベルコープ。ここではバスや鉄道、飛行機のチケット、宿の予約を済ませられる。大学生向けの割引も多く、利用した学生は「トラベルコープでレンタカーや自動車学校の申し込みをすると普通より安い」、「メルボルン異文化体験ツアーのとき事前に丁寧な説明があったり、必要な書類や役立つ冊子を用意してくれたりと一つ一つの段階をサポートしてくれた」と話した。これらは大学生になると役立つサービスだ。

 ほかにも厚生会館には理髪部や眼鏡部もある。さらにはATM、証明写真機まで備わっている。厚生会館では、学生生活に必要なサービスのほとんどを受けることができるのだ。高校生の皆さんには、本学入学後ぜひとも厚生会館を有効に利用してほしい。

キャンパス情報 1760600480824197244

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts