読み込み中

【被災地特集 in女川町】酒井孝正さん  ~今日できることを今日しっかりと~

 シーパルピア女川の一角、海沿いを走る国道398号に面した場所にある、書店「本のさかい」。店内には、震災や女川町に関する書籍が所狭しと並んでいる。



 店主の酒井孝正さんは、昨年まで女川町議会議員を24年間務めていた。地震発生時は3月定例会の本会議中。揺れが収まると、自宅に一旦戻り女川町役場の屋上に避難した。当時約70人ほどが役場の屋上にいたという。


 「まるで映画を見ているかのようだった」と酒井さん。「震災時は雪、津波はどんどん高くなりながら壁のように追ってきた。いつもはきれいな青い海もその日は真っ黒かった」と 当時を振り返る。女川町を襲った津波の高さは最大34・6メートルにも及んだ。


 仮設住宅が整備されるまでの間、女川町体育館で避難生活を送った。そんな中、炊き出しをしたいと考えたものの調理道具がなく、津波で破壊された水産冷蔵庫から溢れた冷凍魚類を旧女川二小の前でそのまま焼いて提供した。しかし、終わりが近づくと、それを知った避難者が「(魚を)半分にしろ!」と言い出し、混乱を招いてしまった。


「空間と食べ物が十分になければ人は変わってしまうものだ」と 酒井さんは語る。 


 女川町は防潮堤をつくらなかったことでも知られる。「女川町は道路を防潮堤とし、津波は逃げる減災のまちづくりに取り組んできた」と  酒井さんは解説する。


 震災を通して、酒井さんは自分の都合で生きられるわけではないということを強く意識するようになった。「今日できることを今日しっかりやる。これの積み重ねの先に未来がある」 と力強く語る酒井さん。現在は書店を営む傍ら、店内で震災に関する語り部活動も行う。今後の女川を見据え、酒井さんは今日も女川で本と自らの学びを届け続ける。

復興の今 4366709314754202043

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

報道部の今後の活動方針について(11/22更新)

本学の課外活動ガイドラインが11月3日にStep4に移行となりました。これにより、対面での課外活動が徐々に再開可能となっております。
報道部では、毎週水曜の部会をC棟教室で対面実施し、部員のノートパソコンや部室のPCを用いた紙面製作を今後行っていきます。また、前期の取材は主にオンラインで実施してまいりましたが、後期については感染症対策を万全に実施したうえで、対面での取材も再開しております。
また、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開して参ります。東北大学新聞の記事および紙面PDFは、毎号本ホームページを通して閲覧可能です。
また、広報紙『学友会』の制作については、今後随時情報を発信してまいります。

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、対面新歓期間に各回18時より、C201教室で説明会&部会を実施予定です!以下日程です。
②11/25(水), ③12/2(水), ④12/9(水)
活動内容の説明に加え、報道部の現役部員と交流ができる企画も用意しております。
ぜひお気軽にご参加ください!
日時・場所などの詳細はこちら

Twitter

Random Posts