読み込み中

対面授業再開を受けて ~学生たちの声は~

  本学では、後期から一部の授業では対面授業が実施されている。ここでは対面授業を受けての学生の感想を紹介していく。


 1年生からは「キャンパスに実際に行くことで大学生らしいことができた」、「今まで実際に会うことはなかった自分の同級生が本当に存在していてうれしかった」、「経済学部の数少ない女子同士で話すことができて楽しかった」といった大学に通える喜びにあふれた声が上がった。実験を行う授業を受けている学生たちは「感染症対策で人数を少なくして行っているため、質問がしやすくていいなと思う」、「実験は実際に器具などを触って行うのが一番楽しい」などと話す。


 他の学年の授業でも、「実際に美術作品に触れられるのがうれしい」、「考古学の石器などの実測図を作成する授業で必要な器具が見たことがないものばかりで楽しい」、「先生も対面の方が慣れているので、授業の内容から脱線した小話的な話を入れてくれ、より面白い授業につながっている」と対面ならではの体験にまつわる声も聞かれる。入退室時のQRコードの読み取り、アルコール消毒や座席の間隔を空けるなど感染症対策がしっかり行われているため、学生も安心して授業に取り組めているようだ。対面授業だからこその緊張感、臨場感に喜びを感じる学生は多い。


 肯定的な感想が多い一方で、「1コマだけの対面授業に行って、急いで帰ってオンライン授業を受けるのが大変」、「対面授業の前後にオンライン授業があり、どこで受けて良いのかよく分からない」とオンライン授業と対面授業の併用にやりにくさを感じているという感想もあった。再開したばかりの対面授業への対応が難しいようだ。


 ここまで対面授業の感想を紹介してきたが、まだ対面授業を受けられていない学生もいる。そういった学生からは「友達に会えなくて寂しい」、「生活が夜型になっている」、「対面授業が恋しい」、「同じ大学生なのに、対面授業がある人とない人が混在していて、交流しやすい人とそうでない人が生まれてしまっている。不公平に感じる」という切実な声も漏れている。


 対面授業に喜びを感じる学生、苦労を感じる学生、まだ対面授業を受けられていない学生。状況はさまざまだ。大学側が今後どのような状況の学生にもより良い授業を受けられるような配慮をしてしかるべきだろう。

新型コロナウイルス感染症 6223309418368971220

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

報道部の今後の活動方針について(11/22更新)

本学の課外活動ガイドラインが11月3日にStep4に移行となりました。これにより、対面での課外活動が徐々に再開可能となっております。
報道部では、毎週水曜の部会をC棟教室で対面実施し、部員のノートパソコンや部室のPCを用いた紙面製作を今後行っていきます。また、前期の取材は主にオンラインで実施してまいりましたが、後期については感染症対策を万全に実施したうえで、対面での取材も再開しております。
また、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開して参ります。東北大学新聞の記事および紙面PDFは、毎号本ホームページを通して閲覧可能です。
また、広報紙『学友会』の制作については、今後随時情報を発信してまいります。

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、対面新歓期間に各回18時より、C201教室で説明会&部会を実施予定です!以下日程です。
②11/25(水), ③12/2(水), ④12/9(水)
活動内容の説明に加え、報道部の現役部員と交流ができる企画も用意しております。
ぜひお気軽にご参加ください!
日時・場所などの詳細はこちら

Twitter

Random Posts