読み込み中

学生向けオンラインイベント~企業求める「新卒AI人材」~

 スキルアップAI株式会社が主催する大学生・大学院生向けのトークイベントが今年1月、オンラインで開催された。近年、需要の高まりにもかかわらず、AI人材は圧倒的に不足している。そのような状況を受けて、今回のイベントでは「新卒AI人材」に焦点を当て、これから社会に出ていく大学生や大学院生を対象に開催され、70名近くの学生が参加した。イベント主催者は「参加者の皆様に今回のイベントを将来のキャリアやポジショニングを考えるきっかけにしてもらいたい」と語る。


 今回のイベントにはデータとデジタル技術を活用して物流DX(デジタルトランスフォーメーション)を加速させるヤマトホールディングス株式会社執行役員である中林紀彦氏が招かれ、講演、パネルディスカッション、学生からの質疑応答の3セクションから構成された。中林氏による講演では、経営改革構造プラン「YAMATO NEXT 100」を軸に、物流ビジネスにおける問題点と解決策が紹介された。実際の事業でのデータ分析やAI活用の様子が語られ、学生が熱心に聞き入る様子がうかがえた。参加学生は「とても有意義なお話だった」と振り返った。


 パネルディスカッションは中林氏とスキルアップAI株式会社代表取締役の田原氏によって行われ、就職活動について議論が交わされた。「大企業とベンチャーどちらに就職すべきか」「AI人材として活躍するために重要なこと」「在学中に取り組むべきこと」などさまざまなテーマが取り上げられ、中林氏、田原氏自身の経験を交えながら就職活動を控える学生へ豊富なアドバイスが送られた。


 質疑応答では参加する学生から多くの質問が投げかけられた。自身の専攻分野とAIという分野との隔たりについて問う学生や、現場でのAI活用の問題点を指摘する学生など議論に積極的に参加する姿が見られた。イベント主催者は「具体的かつ的確な質問があり、参加学生のレベルの高さが感じられた。参加学生には将来の日本のAI業界を引っ張っていく存在になってほしい」と話した。就職活動の不安を解消するため、あるいは、新たな興味を発見するためにも、このようなイベントに参加してみてはいかがだろうか。
イベント 3214139977991520056

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

報道部の今後の活動方針について(3/1更新)

ご連絡は、本ホームページまたはTwitterよりお願いいたします。現在、東北大学行動指針(BCP)がレベル2であることを踏まえ、取材や編集活動等はオンラインを主として行っております。また、毎週水曜の部会はオンラインで実施しております。
学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開して参ります。東北大学新聞の記事および紙面PDFは、毎号本ホームページを通して閲覧可能です。
また、広報紙『学友会』の制作については、今後随時情報を発信してまいります。

報道部へ入部を希望する方へ

令和3年度の新歓情報については、随時更新して参ります。詳細はこちら
報道部への入部は、多くの人に見られる文章を書いてみたい、メディアについて知りたい、多くの社会人の方と会ってみたい、楽しい仲間と巡り合いたい、どんな動機でも大丈夫です。ご連絡は、本ホームページやTwitterまでお寄せください。

進路データ

Twitter

Random Posts