読み込み中

【ニュース】学食 3月に価格改定~一部メニュー値上げ~

 

価格改定の概要

 本学生協の各食堂で先月1日、メニューが値上げされた。コロナ禍での食堂利用者減少に伴う、物流コストの高騰が主な要因。カレー類や麺類など多くのメニューが対象となり、値上げ幅は20円から30円程度。ただし、人気商品の自家製カレーなど、一部のメニューの価格は据え置かれた。


 本学各キャンパスにある、本学生協が運営している食堂で提供されているメニューが値上げの対象。カレー類や夕定食は約20円、どんぶり類や麺類は約30円、それぞれ値上げとなった。


 東北大学生活協同組合は今回の価格改定の背景について「コロナ禍で食堂の利用が大きく減少し物流コストが高騰することで、食材価格が大きく値上がりをしている」と説明。実際に昨年度の食堂利用は、一昨年度と比較して約7割減少しており、利用の減少によって食材が大幅に値上げとなった。そのうえで、安全で良質な食事を安定して提供し続けていくため、価格改定を行ったとしている。新年度となる今月からではなく、先月からの値上げとなったことに関して、担当者は2月の時点で「既に食材の値上げが始まっており、現在の利用状況からみて、早期に価格改定を行う必要があると判断した」と話していた。


 各食堂で学生から根強い人気のある「自家製カレー」は、同じく先月1日からリニューアルされた。組合員からの意見を反映し、豚肉を25%増量、福神漬けを廃止する一方で、学生の経済的負担を考慮して値上げは行われなかった。そのほか、朝定食、ライスやみそ汁、主菜・小鉢メニュー等の価格は据え置かれた。


 本学生協は「安全で良質な食事を安定して提供し続けていくためには、価格改定が避けられない状況となっています。これからも皆様に寄り添った店舗運営ができるよう努力してまいります。ご理解、ご協力を何卒よろしくお願いいたします」と組合員にメッセージを発信した。

ニュース 7571932312715255472

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

報道部の今後の活動方針について(3/1更新)

ご連絡は、本ホームページまたはTwitterよりお願いいたします。現在、東北大学行動指針(BCP)がレベル2であることを踏まえ、取材や編集活動等はオンラインを主として行っております。また、毎週水曜の部会はオンラインで実施しております。
学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開して参ります。東北大学新聞の記事および紙面PDFは、毎号本ホームページを通して閲覧可能です。
また、広報紙『学友会』の制作については、今後随時情報を発信してまいります。

報道部へ入部を希望する方へ

令和3年度の新歓情報については、随時更新して参ります。詳細はこちら
報道部への入部は、多くの人に見られる文章を書いてみたい、メディアについて知りたい、多くの社会人の方と会ってみたい、楽しい仲間と巡り合いたい、どんな動機でも大丈夫です。ご連絡は、本ホームページやTwitterまでお寄せください。

進路データ

Twitter

Random Posts