報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、5月中に週1回~2回ほど、Zoomを利用したオンライン活動説明会を実施いたします。
また、今後の新歓情報発信は、本HPと報道部公式Twitter、4月20日より運用を開始した報道部公式LINEから行います。Zoom説明会に必要なURLは、TwitterのDMまたはLINE公式アカウントから行いますので、TwitterのフォローまたはLINEの友だち追加をよろしくお願いいたします。
以上に関して、詳細はこちら(入部希望の方へ)をご覧ください。

課外活動の禁止措置に対する報道部の対応について(4/13更新)

3月30日、本学より課外活動の禁止(ただしオンラインでの会議や個人練習を除く)が通達されました。
報道部では、週1回行っている部会について、オンラインでの実施をいたします。本来であればこの時期の部会は新入生にご見学いただいているところですが、この禁止措置が解除されるまでは見学はできません。
4月号(4月20日発行)については、部員のノートパソコン等で紙面製作を行い、ブランケット版2面で発行いたします。なお、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届けは当面行いませんので、本ホームページを通して記事をお楽しみください。なお、5月号以降に関しても当面の間同様の措置をとる予定です。
また、広報紙『学友会』については、本学学生支援課の指示を仰ぎながら、7月ごろの発行を目指して活動いたします。

TBCラジオで紹介されます!

2019年4月23日より、TBCラジオ「NEW NEWS」(月〜金・午後4時〜)内のコーナー「学生新聞拾い読み(仮)」にて、東北大学新聞の記事が紹介されています。毎週火曜日、午後4:20頃からの放送となります。ぜひお聞きください!

お問い合わせフォームのご利用に際して

弊部ホームページには、お問い合わせフォームが各ページの下部にあり、そこから弊部へお問い合わせをしていただくことが可能となっております。お問い合わせをいただく際には、必ずご自身のお名前をご入力いただきますようお願いいたします。明らかに偽名を用いていると判断した場合、返信を差し上げないことがございますので、あらかじめご了承ください。

読み込み中

【告知】ドリプラ東北 4年ぶりに復活 ~来月9日 大人の本気 学生感じて~

 ドリームプラン・プレゼンテーション(以下、ドリプラ)東北2018が来月9日に仙台国際センター大ホールで行われる。今年のコンセプトは「大人の夢は子供の未来」。夢を掲げる大人の姿に各界から注目が集まる。




 「ドリプラ」とは、登壇者が自らの夢とそれを実現させるための計画を疑似体験を含めてプレゼンテーションするイベント。プレゼンテーションを通して事業家や会社社長などとつながり、夢の実現を後押しする場として作られた。東北地区でも2013年と14年に開催され、14年は当時の東北大生2人が登壇者となり発表していた。しかしより持続的な企画に発展させるため、昨年まで休止していた。

 4年ぶりに復活するドリプラ東北。今年は6人の社会人が登壇し、自らの関心のあるテーマに沿ったプレゼンを行う。そのテーマは、発達障害の子どもたちを救う場所の創出、自然を生かしたツーリズムなど多岐にわたる。現在10人ほどの発表候補者がいるが、イベント前に内部選考で本番での登壇者を選出する。

 発表に先立ち、相互支援会が今月12日、仙台市若林区のINTILAQ東北イノベーションセンターで行われた。相互支援会は、発表候補者や、過去のドリプラ登壇者をはじめとした支援者らが集まり、発表候補者の発表に対する意見を交わす場だ。この相互支援会を中心に内容を練るのだが、今回で早くも8度目になった。

 この日は、6人の発表候補者が発表原稿やスライドを持ち寄り、当日と同様に10分間のプレゼンテーションを披露。その内容を踏まえて、参加者が率直なコメントを寄せた。中には「自分の伝えたいことが良く分からなくなった」と打ち明ける発表候補者に「一緒に考えよう。みんなで本番に出よう」と別の発表候補者から声をかけられる場面があった。

 このイベントについて、ドリプラ東北2018の実行委員長を務める岩井一枝さんは、学生や起業を考える人に来てほしいと語った。「これから社会に出る学生に大人の本気を見てほしい。夢は叶えられるもので、夢を見ることは特別なことではないと実体験してもらえれば」と岩井さんは呼び掛けた。

 ドリプラ東北2018は12時30分開場、13時開始。観覧は大人1000円、高校生以下無料。チケットはイープラスや公式ホームページで購入できる。
告知 4793707381723264408

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts