報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

東北大学新聞447号読者プレゼントを実施しました

東北大学新聞としては恐らく初めてとなる、読者プレゼントを実施しました。

プレゼント:「ディズニー・アート展」ペア招待券 5組
※応募は締め切りました。

当選された方には招待券を送付いたします。今しばらくお待ちください。

オープンキャンパス号を配布しました

報道部では今年もオープンキャンパス号を製作。
川内・青葉山・星陵の各キャンパスで2日間合計で3,500部配布しました。
特設ページはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

【働くこととは】⑲―「自然派ビュッフェレストラン 六丁目農園」代表 渡部哲也さん

 今回の「働くこととは」は、「自然派ビュッフェレストラン 六丁目農園」代表の渡部哲也さん。六丁目農園は障害福祉サービス事業所で運営しており、就業者の約6割が障害者である。「人間は生まれたからには、役割を持っている」。仙台随一の繁盛店のオーナーに、仕事の極意を伺った。




―六丁目農園を始めたきっかけは

 オンリーワンの企業経営がしたいと思ったからです。常に勝敗が求められ、ナンバーワンを目指さなければならないビジネスの世界に疲れてしまっていたんですね。それとは対極にある障害福祉サービス事業を経験したいと思っていました。

 障害者に合った飲食店経営の形態が、ビュッフェでした。「一つの作業に専念できる」「レジがワンプライス」「接客が必要ない」「失敗したら出さなければいい」など、臨機応変な対応が苦手な障害者でも訓練を積み、適材適所で働くことができます。障害のある人が主役となって働く六丁目農園には、安倍首相やキャロライン・ケネディ元駐日米国大使など、多くの著名人も訪れるようになりました。

―障害者と共に働く上で大切なことは

 障害がある人のほとんどは、いじめを受けた経験があります。他人から期待されず、何より自分自身に期待していません。人間は生まれたからには、必ず役割があります。その人の可能性を信じることがとても大切です。

 誰かの役に立っているという実感を得るのに、仕事は不可欠です。自分がしたことに対する「ありがとう」の言葉が、自己承認につながると思います。

―渡部さん自身の変化は

 他人のできないところを許せるようになりましたね。店内でピザを焼いている発達障害の男性は最初、生地に触ることすらできなかったんですよ。成長を焦らず、じっくり待つこと。従業員から教わり学ぶこともとても多いです。

―どのような学生時代を過ごされましたか

 高校3年生の時に、父が経営していた会社が倒産し、50億円近い負債を抱えました。生活は激変し、今まで住んでいた大きな家を手放すことにもなりました。悔しかったですね。世間に対するコンプレックスから、父のリベンジを果たすために一獲千金を目論むようになりました。

 しかし、気持ちは焦るばかりで、地位や収入、名誉だけを過度に追い求め、失敗を繰り返していました。自分に筋が通ってなく、ブレてばかりだったと思います。

―東北大生へひとこと

 いわゆる「ゆとり世代」の若者は、私たちの世代よりはるかに優秀です。思いやりがあり、価値観もしっかりしている。ちゃんと地に足をついて生きています。ただ失敗や挫折に打たれ弱い面があります。ぜひ臆せず、興味があることにはとことん打ち込み、自分の役割を見つけていってください。

 また私は学生の時、日本から逃げるように、オーストラリアへ語学留学に行きました。南の島に滞在したこともあります。現実逃避したかったのだとは思いますが、見聞は深まりました。「旅と読書と人との出会い」。これらのことも大切にしてほしいです。

―渡部さんにとって働くこととは

 自分の生きている役割を表現すること。自分の存在理由は、仕事を通して分かってきます。今働いている人にも、ぜひそのことを感じてもらえたらうれしいです。
働くこととは 2008192905652148933

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts