読み込み中

【ニュース】本学入試に新たな試み ~医学部・11名増員~

 入試改革の一環として、医学部では定員が増加された。医学部医学科は昨年11月、2020年度入試の入学定員を、当初の105名から11名増員し、116名にする決定を発表した。



 昨年度入試では、一般入試前期日程105名、AO入試Ⅱ期15名、Ⅲ期12名、国際バカロレア入試・帰国生徒入試・私費外国人留学生入試から計3名の合計135名を定員としていた。これは、国の「地域の医師確保等の観点からの医学部入学定員の増加」に基づいた暫定的な定員増加によるもので、昨年度で終了することになった。そのため、20年度入試は、一般試験前期日程の定員を75名にし、募集人員は合計105名になる予定だった。

 しかし医学部医学科は、「地域の医師確保等の観点からの令和2年度医学部入学定員の増加について」の文部科学省高等教育局長通知に基づき、増員を決定。具体的には、研究医養成の目的で一般入試前期日程の定員を2名増やし、地域の医師確保の目的で新たに地域枠入試を実施し、9名を募集する。文科省に認可を申請し、許可が下りた。これに伴い、医学部医学科の20年度入試は、一般入試前期日程77名、地域枠入試9名、AO入試・国際バカロレア入試・帰国生と入試・私費外国人留学生入試は前年と変わらず、合計116名を募集した。

 新設された地域枠入試では、宮城県地域枠7名、岩手県地域枠2名を募集した。一般入試とは出願要件が異なり、該当県の出身者等であること、宮城県医学生修学資金または岩手県医療局医師奨学資金を6年間受給し、卒業後キャリア形成プログラムを履行すること、医師免許取得後、地域医療に9年従うことなどが要件となる。併願については、いずれかの県の地域枠入試を第1志望とし、AO入試Ⅲ期を第2志望として併願することが可能だ。

 なお、今回の11名の増員は、2年間のみの時限措置とされている。そのため、この増員は来年度入試で終了される見込みだ。
(書面にて取材)
入試関連情報 6249182308034255762

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

報道部の今後の活動方針について(11/22更新)

本学の課外活動ガイドラインが11月3日にStep4に移行となりました。これにより、対面での課外活動が徐々に再開可能となっております。
報道部では、毎週水曜の部会をC棟教室で対面実施し、部員のノートパソコンや部室のPCを用いた紙面製作を今後行っていきます。また、前期の取材は主にオンラインで実施してまいりましたが、後期については感染症対策を万全に実施したうえで、対面での取材も再開しております。
また、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開して参ります。東北大学新聞の記事および紙面PDFは、毎号本ホームページを通して閲覧可能です。
また、広報紙『学友会』の制作については、今後随時情報を発信してまいります。

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、対面新歓期間に各回18時より、C201教室で説明会&部会を実施予定です!以下日程です。
②11/25(水), ③12/2(水), ④12/9(水)
活動内容の説明に加え、報道部の現役部員と交流ができる企画も用意しております。
ぜひお気軽にご参加ください!
日時・場所などの詳細はこちら

進路データ

Twitter

Random Posts