作文コンクールを実施します!

報道部では、昨年度に引き続き、「『とんぺー生の夏休み』作文コンクール」と題して、「夏」をテーマとした小説やエッセイを幅広く募集いたします。
ぜひご応募ください!
応募要項はこちら

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、Zoomを利用したオンライン活動説明会が全日程終了したことを踏まえ、5月末を新歓活動の一区切りとしております。
入部を希望される方は、TwitterのDM、またはLINEの新歓公式アカウントまでその旨をお伝えください。この期間に入部していただくと、7月号の制作より参加することができます。
また、報道部では随時新入部員を募集しておりますので、興味のある方はぜひお声がけください。

課外活動の禁止措置に対する報道部の対応について(5/30更新)

3月30日、本学より課外活動の禁止(ただしオンラインでの会議や個人練習を除く)が通達されました。
報道部では、週1回行っている部会について、オンラインでの実施をいたします。紙面製作は部員のノートパソコン等で行い、当面の間ブランケット版2面で発行いたします。なお、河北新報様への折込(五橋・片平地区周辺900部)は通常通り行いますが、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布は当面行いませんので、本ホームページを通して記事をお楽しみください。
また、広報紙『学友会』については、7月の発行を見送ることとなりました。ご了承ください。

TBCラジオで紹介されます!

2019年4月23日より、TBCラジオ「NEW NEWS」(月〜金・午後4時〜)内のコーナー「学生新聞拾い読み(仮)」にて、東北大学新聞の記事が紹介されています。毎週火曜日、午後4:20頃からの放送となります。ぜひお聞きください!

読み込み中

Uber Eats 仙台上陸 ~自粛中にもあの味を~

 最近、緑のロゴが入った四角いリュックを背負い、自転車や原付を走らせている人を見かけることがないだろうか。彼らはUber Eatsの配達員である。仙台では4月2日から東北で初めてサービスが開始され、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う外出自粛の影響もあり、一気に需要が拡大した。ここではUber Eatsのサービス内容と、筆者が実際に利用してみての感想を紹介する。



 Uber Eatsは誰でも配達業務可能なフードデリバリーサービスである。専用のアプリから各飲食店のメニューを注文すると、配達スタッフがその飲食店に料理を取りに行き、指定した場所まで届けてくれる。料金は通常料金よりやや高くなっており、加えて配達手数料350円がかかる。支払いはクレジットカードまたはPayPayで決済が可能だ。配達エリアは仙台駅周辺はもちろん、地下鉄東西線、南北線の沿線、東北大生が多く住む柏木、片平も対象となっている。八幡はエリアによっては対象外になるため注文前に確認が必要だ。

 今回、筆者はマクドナルドのハンバーガーを注文。だが、筆者の住むエリアはギリギリ範囲外であるため、用事で仙台駅周辺に出かけたついでに注文し、出先で受け取ることにした。初回利用の割引を利用し、店頭で購入する際とほぼ同等の価格で注文できた。注文すると、料理を届けてくれるスタッフが確定する。スタッフの現在地や目安の到着時刻もアプリから確認できる。今回は届け先が分かりにくい場所だったため、スタッフと直接メッセージをやりとりし、料理を受け取ることができた。

 もし店舗側の不手際で注文とは別の料理が届いたり、配達スタッフのミスで料理が届かなかったりした場合は、運営に連絡すれば返金の対応をしてもらえる。初回利用時限定のクーポンも用意されているため、一度試してから利用を継続するか判断するのも良いだろう。配送料に関しても、宅配ピザなどのサービスと同じものだと捉えれば、金額面でためらうことはないはずだ。自炊に疲れた際や飲食店の味を楽しみたくなった際には利用してみてほしい。
新型コロナウイルス感染症 7706149975805836114

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts