読み込み中

【一言居士】-2021年1月ー空気がなくなる日


1910
年、古来より災いの前兆とされてきたハレー彗星が地球に接近し、「尾に含まれるシアン化化合物により地球の空気が5分間なくなる」という噂が一世を風靡した。酸素を確保するために氷袋や自転車のチューブが飛ぶように売れ、富裕層による買い占めも起こった▼この出来事を、科学や一般市民への教育が未熟な時代の過ちと笑えようか。我々にも耳が痛い話だ▼新型コロナウイルス感染症の流行と共にデマが飛び交ったのも記憶に新しい。「トイレットペーパーが品薄になる」というデマは現実のものとなり、大きな混乱をもたらした。明治期以降、科学はめざましい進歩を遂げ、人々の教育水準も向上したが、混迷の渦中で自己の利益を優先する人の心根は変わっていないようにみえる▼1月14日は、最初にハレー彗星出現を予言したエドモンド・ハリーの命日である。彼は自ら予言したハレー彗星を見ることなく亡くなったが、あのような騒ぎになるとは思っていなかっただろう▼次にハレー彗星が接近するのは2061年。ハリーにもうデマ動じない人類の成長を見せたい。

                  (文責・藤井)


一言居士 6899061692931982135

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

報道部の今後の活動方針について(3/1更新)

ご連絡は、本ホームページまたはTwitterよりお願いいたします。現在、東北大学行動指針(BCP)がレベル2であることを踏まえ、取材や編集活動等はオンラインを主として行っております。また、毎週水曜の部会はオンラインで実施しております。
学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開して参ります。東北大学新聞の記事および紙面PDFは、毎号本ホームページを通して閲覧可能です。
また、広報紙『学友会』の制作については、今後随時情報を発信してまいります。

報道部へ入部を希望する方へ

令和3年度の新歓情報については、随時更新して参ります。詳細はこちら
報道部への入部は、多くの人に見られる文章を書いてみたい、メディアについて知りたい、多くの社会人の方と会ってみたい、楽しい仲間と巡り合いたい、どんな動機でも大丈夫です。ご連絡は、本ホームページやTwitterまでお寄せください。

進路データ

Twitter

Random Posts