読み込み中

【秒撮】大晦日の大崎八幡宮~ご献灯照らす境内~

  

 昨年の大晦日、大崎八幡宮へのご献灯が八幡町を彩った。提灯の灯りに誘われて通りを進むと、見上げるような大鳥居が立ち現れる。提灯は鳥居の奥へと続き、一層きらびやかに境内を照らす。吸い込まれるように大鳥居をくぐり、淡く照らされた石段を登った先には表参道が一路延び、数多の屋台が御社殿までところ狭しと並んだ。

 大崎八幡宮は、仙台総鎮守として1607年に開かれた。国内で唯一となる安土桃山時代の遺構として、重要文化財の中でも特に国宝建造物に指定されている。例年、正月からどんと祭りの間で、境内と県道31号線沿いへのご献灯を募っており、今年も2000灯近い提灯が、昨年12月27日から20日間にわたり掲揚された。

 ご献灯が例年と変わらず仙台の正月を照らす一方、新型コロナの感染拡大を防止するため、参拝には目新しい様式が採られた。鈴の緒の撤去や御朱印の書き置きに加え、「分散参拝」が呼びかけられた。

 武神として仰がれる八幡神だが、人生や仕事を勝負事と見て、「厄払い」や「商売繁盛」でも崇敬を集める。一風変わった令和3年の正月、人々は八幡神に何を願ったのだろうか。


秒撮 1598119744712297441

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

報道部の今後の活動方針について(11/22更新)

本学の課外活動ガイドラインが11月3日にStep4に移行となりました。これにより、対面での課外活動が徐々に再開可能となっております。
報道部では、毎週水曜の部会をC棟教室で対面実施し、部員のノートパソコンや部室のPCを用いた紙面製作を今後行っていきます。また、前期の取材は主にオンラインで実施してまいりましたが、後期については感染症対策を万全に実施したうえで、対面での取材も再開しております。
また、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開して参ります。東北大学新聞の記事および紙面PDFは、毎号本ホームページを通して閲覧可能です。
また、広報紙『学友会』の制作については、今後随時情報を発信してまいります。

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、対面新歓期間に各回18時より、C201教室で説明会&部会を実施予定です!以下日程です。
②11/25(水), ③12/2(水), ④12/9(水)
活動内容の説明に加え、報道部の現役部員と交流ができる企画も用意しております。
ぜひお気軽にご参加ください!
日時・場所などの詳細はこちら

進路データ

Twitter

Random Posts