読み込み中

部員が選ぶ春曲 4選 〜変化の季節に寄り添う〜

春。暖かな陽気に包まれ、色鮮やかな木々や草花の映える季節がやってきた。冬は部屋のこたつで丸まっていた筆者も、今ではすっかり散歩が日課である。



散歩に欠かせないのが、イヤホンと音楽アプリ。その時の心情や街並みによく合う曲を選択し、再生ボタンを押す。春という季節に調和する楽曲は数多くある。卒業や引っ越し、進学や就職など、環境の変化が一挙に押し寄せる季節だからこそ、感傷的な気持ちに寄り添ってくれる楽曲との出会いは非常に尊いものだ。


ここでは、4人の報道部員がおすすめする「春に聴いてほしい楽曲」を紹介する。春にさまざまな出会いや別れを経験してきた皆さんには、これらの楽曲を通じて思い出の数々を振り返ってほしい。


①『サクラ』大橋トリオ

冬から春へと季節が移り変わり、愛する人との別れに直面した人の心情を描く楽曲。桜の花びらの舞う情景が歌詞に登場する点も、春という季節の雰囲気に似つかわしい。


家族や友人、恋人など、自分にとってかけがえのない人との別れを経験した人がいるならば、この曲がおすすめだ。柔らかい歌声と歌詞、メロディがささくれだった心を癒してくれる。紹介した部員は「高校時代に友人と笑い合った思い出がよみがえり、疲れた心が癒される」と語った。

https://www.youtube.com/watch?v=sCGLUk1Atuk


②『桜が咲く前に』きのこ帝国

春という季節の「別れ」にスポットを当てた楽曲。別れを経て、少しずつ前へ進んでいこうとする歌詞が印象的だ。ボーカルの佐藤千亜妃さんは東北出身で、4月下旬に咲き始める故郷の桜を思い出したと公式ホームページで語っている。


この曲は、特に卒業や進学を迎えたばかりの人におすすめだ。紹介した部員は「地元の友人や学校の同級生との再会の約束のない別れを経験し、漠然とした寂しさを抱えている人はきっと感傷に浸ってしまうだろう」と話した。

https://www.youtube.com/watch?v=wf1MfO4V7cA


③『桜color』GReeeeN

春になると、新しい日常や出来事に対する不安と期待が次々に襲い掛かってくる。そんな時、この曲は全てを受け止めて頑張っていこうという気概を高めてくれる。


紹介した部員は「この曲をカラオケで歌おうとした時、声があまり出ず友人に笑われたことがある」と振り返った。そのようなエピソードも含め、非常に思い出深いという。この曲は、新生活が始まり、不安や期待などさまざまな感情の入り混じった人におすすめだ。

https://www.youtube.com/watch?v=mOkf6XOay-w


④『花は咲く』

NHKの東日本大震災復興支援ソングで、春を象徴する花や春風といった歌詞が多く登場し、花々の咲き乱れる様子が目に浮かぶ楽曲。さまざまな番組や、フィギュアスケートの羽生結弦選手の演技で使用されていたことが印象深い。


紹介した部員は「この曲を以前から知っていた人も、改めて聴くことで当時を思い出すだろう。知らなかった人は、思いを馳せるきっかけになるはずだ」と語った。春という季節に、この曲は多くの人々の胸を打つだろう。

https://www.youtube.com/watch?v=_RwTct8K2JM

特集 4895266263612683785

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

報道部の今後の活動方針について(3/1更新)

ご連絡は、本ホームページまたはTwitterよりお願いいたします。現在、東北大学行動指針(BCP)がレベル2であることを踏まえ、取材や編集活動等はオンラインを主として行っております。また、毎週水曜の部会はオンラインで実施しております。
学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開して参ります。東北大学新聞の記事および紙面PDFは、毎号本ホームページを通して閲覧可能です。
また、広報紙『学友会』の制作については、今後随時情報を発信してまいります。

報道部へ入部を希望する方へ

令和3年度の新歓情報については、随時更新して参ります。詳細はこちら
報道部への入部は、多くの人に見られる文章を書いてみたい、メディアについて知りたい、多くの社会人の方と会ってみたい、楽しい仲間と巡り合いたい、どんな動機でも大丈夫です。ご連絡は、本ホームページやTwitterまでお寄せください。

進路データ

Twitter

Random Posts