読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【告知】国連加盟60周年展示「日本と国連の歩み」開催 ~国連の歴史振り返る~

 日本の国連加盟60周年展示「『日本と国連のあゆみ』―東北から世界を変えよう!―」が、本学附属図書館本館1階のエントランス展示コーナーにて開催されている。本学附属図書館は1965年に東北地方初の国連寄託図書館に指定され、現在も様々な国連資料を閲覧できる。先月18日に迎えた日本の国連加盟60周年を記念し、国連の現在と歴史についての2部構成でパネルを展示中。現在は第2部の展示を閲覧することができる。




 第1部は先月12日から今月12日にかけて開催。「国際情勢とSDGs:Sustainable Development Goals ~世界を変えるための17の目標」をテーマに、最新の国際情勢や、一昨年新たに採択された17個のSDGs(持続可能な開発目標)をパネルで紹介した。また、本学法学研究科名誉教授で国連司法裁判所判事を務めた小田滋氏や、昨年末に交代した新旧の国連事務総長の紹介パネルも展示された。

 第2部は今月13日から来月10日まで開催中だ。テーマは「日本の国連加60周年写真パネル展示『日本と国連の歩み』」。外務省の写真と共に、日本の国連活動の歴史を紹介している。日本が45に終戦を迎えてから、56年に国連加盟を遂げるまでの苦節を、当時の写真から振り返ることができる。

 会場ではクイズ企画も行われており、解答者には図書館グッズがプレゼントされるなど、充実した内容だ。ぜひ期間中に立ち寄り、国連に関する理解を深めてみてはいかがだろうか。
図書館 3477479580914330489

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts