報道部と「テクルペ」がコラボし、定期連載を行います

5月10日より、本学と仙台放送が運営する「東北大学ポケットガイド テクルペ」に、これまでの東北大学新聞の記事が定期的に掲載されることとなりました!!
今まで以上に多くの方に読んでいただけると幸いです。

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

羽生結弦選手パレードの写真特集ページを開設しました

羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレードで報道部が取材した際に撮影した写真をまとめた特設ページを開設しました。
杜の都の感動をもう一度思い出しませんか?
特設ページはこちら
記事はこちら

読み込み中

【震災研特集】災害ストレスケア 方針探る ~災害科学国際研究所④災害精神医学分野~

 災害の精神面への影響とケアに有用な要因を多面的に検証し、被災地の精神医療保健体制を向上することを目的として災害精神医学分野が設立された。




 「地域住民の方々のつながりが精神面の健康増進に必要不可欠になります」。富田教授は地域住民の関わりの重要性を強調する。これまでの被災地の健康調査によって、震災のストレスにより心的外傷後ストレス障害(PTSD)やうつ病などの重度の精神障害を引き起こさないまでも、部分的な兆候が顕れて苦痛や生活に困難を感じている方が多い実態が浮き彫りになってきている。一方、このようなこころの健康上の問題は伝えて援助を求めたり、周りから気づかれたりすることが難しく、困っている人が取り残されがちになる。富田教授は「災害ストレスが広く蔓延しているからこそ地域ネットワークの強化が重要となります。人と人のつながりが強まることが精神障害の早期発見、ひいてはケアにつながっていきます」と述べた。

 本分野は東日本大震災の教訓を生かし、来たる災害に対するより有効な支援体制の確立を目指している。そのため医学的なアプローチだけでなく、社会科学、情報科学、防災科学、工学などの他分野との連携、さらには行政や地域住民との協力関係を積極的に築いてきた。災害科学国際研究所の学際的環境を活かした他分野との共同活動によって、活動範囲の拡大やより高度な支援が可能となる。

 富田教授は「他分野との協力は災害支援を行う上で大変有用となります。また、災害精神医学分野の知識を広める一助となることも期待できます」と語った。
特集 3704108985207011114

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts