平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞受賞

東北大学学友会報道部は、平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。
今年度は20団体が受賞しております。
今後とも学友会報道部をよろしくお願いいたします。

読み込み中

【七大戦】学友会応援団 ~熱いエール送る~

 熱いエールを贈り、選手の士気を高める応援団。三連覇への期待が高まる今年の七大戦に向けて意気込みを団長の平川伸さん(経・4)に伺った。


―七大戦での主な活動について教えてください
 現時点では8月上旬に行われるバレーボール、硬式・準硬式野球、バドミントンの応援に行く予定です。また8月15日には片平キャンパスからアーケードを通過し、勾当台公園までを演舞・演奏しながら練り歩く応援団パレードが、16日には七大学応援団対抗の合同演舞が川内萩ホールにて行われます。

―合同演舞とはどのようなものですか
 川内萩ホールに七大学の応援団が集結し、それぞれの応援スタイルを披露します。特に東大・京大応援団は大規模で、私たちにとってはライバルと言える存在です。体育部以外の方にも、応援団や勝利の喜びを分かち合うことの素晴らしさについてもっと知ってほしいと考えているので、ぜひ合同演舞も見てほしいです。
―普段の練習内容はどのようなものですか
 技の質を高めるための反復練習が中心です。応援する以上、選手の方々よりもきつい思いをし、汗を流して練習することを心掛けています。そうでなければ応援する資格が無いと考えています。選手の方々も、中途半端な応援はしてほしくないでしょうから。

―今年の本学の強みは何だと思いますか
 今年の七大戦はホームである本学で行われることではないでしょうか。主管校になった年は優勝を逃した前例がないことも挙げられます。
―団長として現在の応援団をどう思いますか
 今年度は新入生が25人入り、団員数は昨年度の2倍近い44人になりました。全体に目が届くように気を配るなど、指導でこれまでとは異なる面が多いですが、今ではリーダー部・チアリーダー部・吹奏部、みな愛しく思えます。全員の経験・能力を積み重ねた応援をしたいです。

―意気込みをお聞かせ下さい
 もちろん七大戦三連覇への貢献です。全団員の力を活かして応援していきます。
七大戦 656534404044579758

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts