「東北大学新聞」オープンキャンパス号を配布します

7月25日、26日に行われるオープンキャンパスにて、「東北大学新聞」オープンキャンパス号を配布します。
川内・青葉山・星陵の各キャンパスで2日分あわせて3500部配布予定です。ぜひお受け取りください。
特設ページはこちら→https://tonpress-oc2017.blogspot.jp/

平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞受賞

東北大学学友会報道部は、平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。
今年度は20団体が受賞しております。
今後とも学友会報道部をよろしくお願いいたします。

読み込み中

【さぁくるどうでしょう】(21)―東北大学セパタクローサークル

 足、もも、頭を自在に使い、ボールを回していく。仲間のトスにアタッカーはネットを高らかに越え、鋭く相手コートにアタックを打ち込む―― 。激しいラリーと息の合ったチームワークがセパタクローの魅力だ。




 「東北大学セパタクローサークル」は、2014年に誕生。去年からメンバーを増やし、現在は19人で活動している。サークル長の山﨑大輝さん(理・3)は、「競技に慣れるのに時間がかかる分、チームワークで支え合う。メンバー同士、仲良く練習している」と話す。

 セパタクローは、アタッカー、サーバー、トサーの3人1チームで戦う。足やもも、頭で相手コートにボールを返し合う、バレーボールに似た競技だ。個々のポジションの役割が勝敗を左右するため、練習はポジションごとの精度を磨くことがメインになる。

 サークルメンバーの大半は、大学でセパタクローを始めた。山﨑さんも「大学で新しいことに取り組みたかったことがきっかけ」と話し、「みんな大学で始めるため、挑戦しやすいスポーツ」と推し量る。

 チームの目標は、春と秋に開催する学生大会での入賞だ。「これまで予選リーグ突破で止まり、悔しい思いをしてきた」と山﨑さん。決勝リーグで善戦できるよう、今から練習に余念がない。先輩が積極的にアドバイスして、ボールに不慣れな1年生をサポートすることにも重きを置いている。

 山﨑さんは、「個々のスキルを活かして、全体で伸びていけるチームにしたい」と抱負を話す。メンバー全員の努力で挑む今後の活躍に目が離せない。

 「東北大学セパタクローサークル」、どうでしょう。
さぁくるどうでしょう 6202001745665010543

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts