平成30年の新歓活動について

報道部が主催する新歓イベントはすべて終了しました。
ですが、部室への訪問や部会の参加は大歓迎です!
次回部会→4月25日(水)18:00-@部室(サークル部室棟Ⅱ410号室)
新歓情報は「入部希望の方へ」をご覧ください。
「エイプリルフール号」はこちら
「受験生応援号」はこちら

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

Facebookの運用を開始しました

試験的にFacebookの運用を開始しました。
「いいね」や「フォロー」をよろしくお願いします!
https://www.facebook.com/tonpress320/

号外を発行しました

里見総長退任特別号外を発行いたしました!
順次学内及び市内のポストに配布します。部数に限りがございますのでご了承ください。
PDF版を含め当ホームページでも公開中です。
なお、定期購読の方や高校への配布は行いませんのでご注意ください。

広報紙「学友会」23号が発行されました

大学公認の課外活動の広報紙で、報道部が記事を執筆している「学友会」の第23号が発行されました。
入学式で配布したほかに、大学内ラックにも設置されつつあります。
設置状況については大学にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【告知】学友会書道部「六月展」 来月16日から ~個性生かした書を展示~

 学友会書道部の六月展が、来月16日から18日にかけて、宮城県美術館の県民ギャラリー2にて行われる。この展覧会は、東北学院大学の書道研究部と共同で催される。






 書道部は2年生以上の部員が50人ほど。新たに入部する部員とともに臨む最初の展覧会で、新入部員も作品を出品する。「書道が大好きで長く親しんできた人から、場を盛り上げることができる人までいる。今年は面白そうな1年生が多く集まりそうだ」。書道部の代表を務める福島和紀さん(理・2)は顔をほころばせる。

 活動は川内サークル部室棟の会議室が使える日に行っている。週に2、3日でそれぞれ4時間ほどだ。新入部員は先輩の紹介を受けながら題材を決め、手本をまねる「臨書」という書道の基本となる形式で作品を書き上げていくことが多い。新歓期間にも、先輩から手ほどきを受けながら、筆を進める新入生の姿が見られた。「後輩の姿が、先輩としても頑張らなければという刺激につながっている」と福島さんは語った。

 書道部の展覧会では、全体のコンセプトを決めて作品を制作、展示することはないという。それぞれの個性を表現することを大事にしているからだ。「実際に書き上げた作品を会場に並べると、それぞれ個性が強く出ているのがわかる」と福島さん。たとえ臨書でも、作者によって趣が変わってくるそうだ。

 夏には旧帝国大学が一堂に会する展覧会が控えている。「新入部員も怖がらずに自分の個性を出した作品を書いてほしい」と福島さんは後輩にエールを送る。六月展では、それぞれの作品の個性に注目してみてはいかがだろうか。

 展覧会は9時半から17時までで、最終日のみ15時に閉場。入場無料。
告知 4407732997474517283

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts