「東北大学祭2018」写真特集ページを公開!

11月上旬に行われた「東北大学祭2018 ~笑う祭(フェス)には福来たる~」。紙面の都合などで掲載できなかった写真などをまとめました! ページはこちら

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

【一言居士】―2017年7月―雲の峰

 「雲の峰」とは、白く濃くむくむくと空に沸き上がる入道雲のこと。夏の風物詩としてなじみ深いそれは、歳時記にそう載っている。昭和期の俳人・星野立子は〈雲の峰人間小さく働ける〉と詠んだ▼ふと見上げた空に入道雲がでんと構えていると、心もち気分が軽くなる。悩み事も突き当たった壁もそのどれもがちっぽけだと、開けっ広げで底抜けに青い空から語り掛けてくれよう。なるほど、「人間小さく働ける」とは、そういう包容力に満ちた眼差しか▼前期セメスターが終わりに近づき、いよいよレポートやテストに追われる時期。もうすぐ夏休みとよろこぶにまだ気は早い。図書館にこもって文献を開きレポートをまとめたり、これまでの講義を復習し仲間と一緒に勉強したり……。あまり根を詰めると疲れてしまう。ほどほどの休憩も忘れずに▼そういうときこそ外に出て、空を見上げて大きく息を吸ってみる。入道雲のように、むくむくとアイディアが沸いてくるかも。気分一新、机に向かってもうひとふんばりのやる気も沸いてくる。
(文責・越田)
一言居士 5028057605956824131

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts