報道部と「テクルペ」がコラボし、定期連載を行います

5月10日より、本学と仙台放送が運営する「東北大学ポケットガイド テクルペ」に、これまでの東北大学新聞の記事が定期的に掲載されることとなりました!!
今まで以上に多くの方に読んでいただけると幸いです。

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

羽生結弦選手パレードの写真特集ページを開設しました

羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレードで報道部が取材した際に撮影した写真をまとめた特設ページを開設しました。
杜の都の感動をもう一度思い出しませんか?
特設ページはこちら
記事はこちら

読み込み中

【ネタ記事】みんなで楽しいクリスマス ワイワイプレゼント交換

 12月某日。冷え込む外気とはうらはらに、暖房で温かくなっている部室の中で筆者はあることを考えていた。「もうすぐクリスマスだなあ」。




 クリスマス。親からプレゼントをもらっていた子ども時代はワクワクして待っていたものだが、今では365分の1日に過ぎないと考えるようになってしまった。せっかくだからクリスマスに何か特別な思いを抱きたい。そう思った筆者は報道部の部員たちにある提案をした。「プレゼント交換会をやろう」。我が報道部の部員たちは曲者ぞろい。部員たちと一緒にプレゼント交換をしたらきっとクリスマスが楽しみになるに違いない。そこで、実際のクリスマスには一足早いが、報道部クリスマス企画と称してプレゼント交換会を実施することにした。

 プレゼント交換会をするうえで重要なことは値段設定だ。気合を入れて数千円のプレゼントを持ってきて、数百円のものが手元に来てしまったらとても微妙な気持ちになってしまう。そんな事態を避けるためにプレゼントの上限は千円とした。千円という制約の中でどれだけ自分のプレゼントをもらった人を喜ばせることができるか。それを考えながらプレゼントを選ぶことこそプレゼント交換の醍醐味と言えるだろう。筆者はヨドバシカメラでプレゼントを買って、プレゼント交換スタートだ。

 今回のプレゼント交換会では音楽が流れている間にプレゼントを順番に渡し音楽を止めたところで持っているプレゼントを手に入れるという方式ではなく、プレゼント一つひとつにひもをつけて選ぶ方式をとる。各自が持ってきたプレゼントにひもをつけて、運命のプレゼント交換スタートだ。

 参加者全員にプレゼントが渡ったらさっそく開封だ。最初にプレゼントを開けたのは筆者だ。もらったものは黒板消し型クリーナーとクレパス型消しゴム、さらに宇宙グミだ。実用的な道具から食べ物と、バラエティにとんだプレゼントを手に入れることができた。その後もプレゼントの開封は進む。デーツを4袋も包んだものもあればドン・キホーテで買ったというチョコレート。なんと、手作りの肩たたき券とコンビニで好きなものを買ってあげる券の2枚セットという変わったプレゼントを持ってくる者もいた。

 ちなみに筆者が持って行ったものはマジックトランプセット。これからの忘年会シーズン、トランプマジックをマスターすれば飲み会で大盛り上がりするのは間違いないだろう。

 プレゼント交換はプレゼントを選ぶときと実際に交換するときの二つの楽しさを持っている。クリスマスには友達を何人か誘ってプレゼント交換会をやってみるのはいかがだろうか。
ネタ記事 1552475746666710025

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts