報道部と「テクルペ」がコラボし、定期連載を行います

5月10日より、本学と仙台放送が運営する「東北大学ポケットガイド テクルペ」に、これまでの東北大学新聞の記事が定期的に掲載されることとなりました!!
今まで以上に多くの方に読んでいただけると幸いです。

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

羽生結弦選手パレードの写真特集ページを開設しました

羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレードで報道部が取材した際に撮影した写真をまとめた特設ページを開設しました。
杜の都の感動をもう一度思い出しませんか?
特設ページはこちら
記事はこちら

読み込み中

ミューズの夢 音楽発表会 ~音楽で得る絆と学び 1年の成果を披露~

 NPO法人ミューズの夢が主催する音楽発表会が、先月19日に仙台市福祉プラザふれあいホールで開催された。演奏が披露されるたびに、会場からは大きな拍手が起こった。




 NPO法人ミューズの夢は、ハンディがある子どもを対象に音楽と創作アートの教室を開いており、今年で15周年を迎えた。このイベントは、同団体の生徒が1年の集大成として日ごろの練習の成果を発表する場として開かれた。

 当日は52人が演奏。個人での演奏のほかに、オーケストラや合唱も披露された。イベントの終わりには、演奏者の将来の夢をつなぎ合わせて歌詞にした「ミューズの夢のうた」を合唱し、会場は温かな雰囲気に包まれた。

 生徒はハンディを持ちながらも音楽を通して多くの出会いや学びを得ているという。副理事長の島﨑詠子さんは「学校でないからこそ得られる出会いや絆を大事にしたい」と語った。さらに、「これからも長くミューズの夢でできた輪が広がっていけば良いですね」と続け、生徒の今後に期待した。
イベント 6936452105387655548

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts