報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、5月中に週1回~2回ほど、Zoomを利用したオンライン活動説明会を実施いたします。
また、今後の新歓情報発信は、本HPと報道部公式Twitter、4月20日より運用を開始した報道部公式LINEから行います。Zoom説明会に必要なURLは、TwitterのDMまたはLINE公式アカウントから行いますので、TwitterのフォローまたはLINEの友だち追加をよろしくお願いいたします。
以上に関して、詳細はこちら(入部希望の方へ)をご覧ください。

課外活動の禁止措置に対する報道部の対応について(4/13更新)

3月30日、本学より課外活動の禁止(ただしオンラインでの会議や個人練習を除く)が通達されました。
報道部では、週1回行っている部会について、オンラインでの実施をいたします。本来であればこの時期の部会は新入生にご見学いただいているところですが、この禁止措置が解除されるまでは見学はできません。
4月号(4月20日発行)については、部員のノートパソコン等で紙面製作を行い、ブランケット版2面で発行いたします。なお、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届けは当面行いませんので、本ホームページを通して記事をお楽しみください。なお、5月号以降に関しても当面の間同様の措置をとる予定です。
また、広報紙『学友会』については、本学学生支援課の指示を仰ぎながら、7月ごろの発行を目指して活動いたします。

TBCラジオで紹介されます!

2019年4月23日より、TBCラジオ「NEW NEWS」(月〜金・午後4時〜)内のコーナー「学生新聞拾い読み(仮)」にて、東北大学新聞の記事が紹介されています。毎週火曜日、午後4:20頃からの放送となります。ぜひお聞きください!

お問い合わせフォームのご利用に際して

弊部ホームページには、お問い合わせフォームが各ページの下部にあり、そこから弊部へお問い合わせをしていただくことが可能となっております。お問い合わせをいただく際には、必ずご自身のお名前をご入力いただきますようお願いいたします。明らかに偽名を用いていると判断した場合、返信を差し上げないことがございますので、あらかじめご了承ください。

読み込み中

【新入生向け2020】仙台のスポーツチーム紹介 ~観戦して熱く盛り上がろう~

 三つのプロスポーツチームが存在し、毎年シーズンになると大きな盛り上がりを見せる仙台は「スポーツの都」でもある。宮城県外から入学した新入生の皆さんは特に、これらのチームにはなじみが薄いのではないだろうか。せっかく仙台に住むのだから、プロスポーツで盛り上がらない手はないだろう。今回は、各チームの概要や、観戦の際の楽しみ方などを紹介する。実際に観戦に行く際にぜひ参考にしてほしい。



 仙台で初めてプロスポーツチームとして発足したのはサッカーの「ベガルタ仙台」だ。1994年に「ブランメル仙台」として発足後、99年に「ベガルタ仙台」に名称を変更し、Jリーグに参戦した。本拠地は泉区にある「ユアテックスタジアム仙台」。収容人数は約2万人で、泉中央駅から徒歩4分とアクセスの良いスタジアムとなっている。昨シーズンはJ1の11位に沈んだが、今シーズンからは木山隆之新監督の下で巻き返しを図る。ベガルタの逆襲に注目だ。

 2番目に古い歴史を持つのは、2004年に誕生した「東北楽天ゴールデンイーグルス」だ。宮城野区にある「楽天生命パーク宮城」を本拠地とし、毎試合3万人近い観客の動員を誇る。仙台駅から徒歩約20分、シャトルバスを使えば8分ほどでスタジアムまでたどり着くことができるため、非常にアクセスも良い。今オフには大幅な戦力補強も目立ち、13年以来の日本一が期待されている。

 最後は、バスケットボールBリーグに所属する「仙台89ERS(せんだいエイティナイナーズ)」だ。1889年に「市制町村制」の施行と同時に仙台市が誕生し、市制100周年にあたる1989年に政令指定都市となったことから、仙台市のスタートを象徴する数字であるとして、「89ERS」というチーム名になった。ゼビオアリーナ仙台やカメイアリーナ仙台などの体育館を中心にホームゲームが開催される。観戦に行く際は、あらかじめどこの体育館で試合が開催されるのかを調べておこう。

 ここまでそれぞれのチームの概要を紹介してきたが、観戦に行くにはまずチケットを手に入れなければいけない。いずれのスポーツも、チケットは各チームの公式ホームページやコンビニなどで買うことができる。値段はチケットの種類や席種、曜日などの要素によって変動するので、随時チェックしよう。

 ベガルタ仙台には試合中に歌うチャント、楽天には各選手の応援歌やチャンステーマなどがある。これらをファンやサポーターが試合中に歌うことで生まれるスタジアムの一体感も、スポーツ観戦の醍醐味の一つだ。特に勝敗を左右するような場面では、会場のボルテージは最高潮に達する。チームの公式ホームページや動画サイトなどで応援歌などを覚えてから観戦に行くのもアリだが、何回も観戦する中で覚えていくのもいいだろう。また、各チームがユニフォームをはじめとする応援用のグッズも多く販売しているので、それらも使いながら盛り上がろう。

 また、スタジアム内や外周には多くの屋台が並んでおり、好きな食べ物や飲み物を片手に観戦を楽しむこともできる。各チームが大人から子どもまで楽しむことができるイベントも多数用意しているので、試合を観戦せずとも、スタジアム外周などで行われているイベントに参加するだけでも楽しめるだろう。

 今回紹介した3チームには、ここに書ききれなかった魅力がたくさんある。その魅力は、この記事を読んでくれたあなた自身がスタジアムやアリーナで確認してほしい。最高に楽しいプロスポーツ観戦を体験しよう。
新入生向け 3174492262804589984

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts