作文コンクールを実施します!

報道部では、昨年度に引き続き、「『とんぺー生の夏休み』作文コンクール」と題して、「夏」をテーマとした小説やエッセイを幅広く募集いたします。
ぜひご応募ください!
応募要項はこちら

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、Zoomを利用したオンライン活動説明会が全日程終了したことを踏まえ、5月末を新歓活動の一区切りとしております。
入部を希望される方は、TwitterのDM、またはLINEの新歓公式アカウントまでその旨をお伝えください。この期間に入部していただくと、7月号の制作より参加することができます。
また、報道部では随時新入部員を募集しておりますので、興味のある方はぜひお声がけください。

課外活動の禁止措置に対する報道部の対応について(5/30更新)

3月30日、本学より課外活動の禁止(ただしオンラインでの会議や個人練習を除く)が通達されました。
報道部では、週1回行っている部会について、オンラインでの実施をいたします。紙面製作は部員のノートパソコン等で行い、当面の間ブランケット版2面で発行いたします。なお、河北新報様への折込(五橋・片平地区周辺900部)は通常通り行いますが、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布は当面行いませんので、本ホームページを通して記事をお楽しみください。
また、広報紙『学友会』については、7月の発行を見送ることとなりました。ご了承ください。

TBCラジオで紹介されます!

2019年4月23日より、TBCラジオ「NEW NEWS」(月〜金・午後4時〜)内のコーナー「学生新聞拾い読み(仮)」にて、東北大学新聞の記事が紹介されています。毎週火曜日、午後4:20頃からの放送となります。ぜひお聞きください!

読み込み中

【ニュース】本学 総合首位を獲得 ~世界大学ランキング日本版2020~

 英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(以下、THE)」が発表する「THE世界大学ランキング日本版 2020」で、本学が総合点で1位に選出された。2位は京都大(昨年1位)、3位は東京大(昨年2位)と東京工業大(昨年7位)だった。本学が総合1位となるのは初めてのことだ。



 THEは多角的に大学の良さを伝えることを使命とし、さまざまなランキングを発表している。主に三つの柱「研究」「教育」「社会貢献度」があり、それぞれにランキングが作られている。その中でも日本の大学の「教育」に焦点を当てて作られたのが、「THE世界大学ランキング日本版」だ。THEは2017年からこのランキングを開始した。どれだけ充実した教育が行われている可能性があるかを示す「教育リソース」、どれだけ教育への期待が実現されているかを示す「教育充実度」、卒業生がどれだけ活躍しているかを示す「教育成果」、どれだけ国際的な教育環境になっているかを示す「国際性」という四つの分野ごとにポイントがつけられ、それらの総合点で順位がつけられる。調査にはベネッセグループが協力し、今回は国公私立大学278校が評価の対象になった。

 世界大学ランキングが「研究力」を重視しているのに対し、日本版は教員あたりの学生数や学生へのアンケートなどをもとにして、「教育力」を重視している点が特徴だ。学生の学びの質や成長度に焦点を当て、大学のグローバル化の推進などに役立ててもらうことを目的としている。また、受験生や社会に対して入試難易度以外の大学の価値を示し、日本の大学の多様性を世界に発信するねらいもある。


「国際性」になお課題


 分野別のランキングでは、本学は「教育リソース」で3位(前回4位)、「教育充実度」で10位(前回8位)、「教育成果」で4位(前回7位)、「国際性」では24位(前回46位)だった。「教育充実度」以外の3分野で順位を上げた。特に「国際性」は前回からの大幅なジャンプアップとなった。

 しかし、「国際性」の分野はやはり今後も本学の課題となるだろう。同分野では上位20校のうち私立大学が18校を占め、圧倒的な強さを見せる結果となった。今後本学が同分野で順位をどのように伸ばしていくのかに注目したい。また、今回唯一順位が下がった分野である「教育充実度」にも改善の余地が見られる。同分野は、学生の大学の教育に対する評価だけでなく、高校教員からの評判にも基づいている。大学が教育を改善していき、なおかつ学生たち一人ひとりが積極的に学んでいくことが重要だろう。今後は、大学と学生が双方向的に「教育充実度」を改善していくことがより求められるのではないだろうか。
ニュース 7514810728544948412

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts