報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、5月中に週1回~2回ほど、Zoomを利用したオンライン活動説明会を実施いたします。
また、今後の新歓情報発信は、本HPと報道部公式Twitter、4月20日より運用を開始した報道部公式LINEから行います。Zoom説明会に必要なURLは、TwitterのDMまたはLINE公式アカウントから行いますので、TwitterのフォローまたはLINEの友だち追加をよろしくお願いいたします。
以上に関して、詳細はこちら(入部希望の方へ)をご覧ください。

課外活動の禁止措置に対する報道部の対応について(4/13更新)

3月30日、本学より課外活動の禁止(ただしオンラインでの会議や個人練習を除く)が通達されました。
報道部では、週1回行っている部会について、オンラインでの実施をいたします。本来であればこの時期の部会は新入生にご見学いただいているところですが、この禁止措置が解除されるまでは見学はできません。
4月号(4月20日発行)については、部員のノートパソコン等で紙面製作を行い、ブランケット版2面で発行いたします。なお、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届けは当面行いませんので、本ホームページを通して記事をお楽しみください。なお、5月号以降に関しても当面の間同様の措置をとる予定です。
また、広報紙『学友会』については、本学学生支援課の指示を仰ぎながら、7月ごろの発行を目指して活動いたします。

TBCラジオで紹介されます!

2019年4月23日より、TBCラジオ「NEW NEWS」(月〜金・午後4時〜)内のコーナー「学生新聞拾い読み(仮)」にて、東北大学新聞の記事が紹介されています。毎週火曜日、午後4:20頃からの放送となります。ぜひお聞きください!

お問い合わせフォームのご利用に際して

弊部ホームページには、お問い合わせフォームが各ページの下部にあり、そこから弊部へお問い合わせをしていただくことが可能となっております。お問い合わせをいただく際には、必ずご自身のお名前をご入力いただきますようお願いいたします。明らかに偽名を用いていると判断した場合、返信を差し上げないことがございますので、あらかじめご了承ください。

読み込み中

【秒撮】復興の火 ~五輪聖火に市民5万人~

 東京五輪の聖火が3月21日午後、「復興の火」としてJR仙台駅の東西自由通路の東口側で展示された。桜をあしらったゴールドピンクの聖火皿で燃える炎を、訪れた多くの市民が見つめた。



 今夏から来夏へ1年開催が延期されることが決まった東京五輪は、テーマの一つに東日本大震災からの復興を掲げ、「復興五輪」とも呼ばれる。復興の火は震災で甚大な被害を受けた地域の人々に、聖火を見てもらおうという企画である。聖火は、同20日から6日間かけて宮城、岩手、福島3県を順に回った。

 21日は5万人が詰めかけ、最大2時間以上を待つ長蛇の列ができた。観覧者は聖火の前にたどり着くと、「うわぁ」と声を上げて一斉にスマートフォンやカメラで撮影していた。その時間わずか数秒。スタッフに「列が詰まっているので、早く進んでください」と誘導されて聖火を後にした。

 聖火観覧を待つ人の多さは五輪への期待の高さをうかがわせた。五輪での選手たちの熱い闘いと会場やテレビの前の盛り上がりが待ち遠しい。
(20年3月21日取材)
秒撮 6411307613567864518

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts