読み込み中

【書評】『World War Z』マックス・ブルックス 文春文庫

 新型コロナウイルス感染症と人類の戦いが続き、感染拡大防止のための外出自粛や経済活動の縮小などによって、人々は疲弊し社会は暗い雰囲気に包まれている。そんなときだからこそおすすめしたい本がある。それはマックス・ブルックスによる『World War Z』だ。 本書は2013年に『ワールド・ウォーZ』として映画化されたが、映画とは設定から内容まで大部分が異なるため、映画を観た人でも楽しめる。



 感染した人をゾンビへと変える謎のウイルスが突如として出現、人類社会を破壊し世界を侵していく。その初期の混乱と人類同士の争い、人類が生き残るためにどのように行動したか、そして反撃に転じ勝利に至るまでを描いた本作であるが、その描き方は極めて独特である。この小説はある国連職員が行った、世界各地の生存者へのインタビューのまとめ、という体で書かれたフェイクドキュメンタリーである。もはや過去の出来事となったゾンビとの戦いを、時系列に沿って登場人物一人ひとりが振り返っていく。それ単体では一個人の回想にしか過ぎないが、複数人のインタビューを読むことで人類とゾンビの戦いの全体像が浮かび上がってくるという斬新な仕組みとなっている。

 この物語の登場人物はアメリカやインドなどの軍人、南アフリカの政治家、日本のオタクなど実に多様だ。だが、国籍や人種、立場に関わらず皆が生き残るため、また家族や人間社会を守るために必死に自らの責務を全うしたことで、人類側が勝利できたことが描写されている。 

 もちろんこの小説はフィクションである。しかし現実世界においても、人類は今まで何度も未知の病原体による感染症に見舞われ、多くの犠牲を払いつつもそのすべてに勝利を収めてきた。今回の新型コロナウイルス感染症にも必ず勝利を収める。だからこそ自分や家族、周囲の人々を守るため、また終息後の明るい未来に向けて、今は一人ひとりが精いっぱいできることを……。そんなメッセージを与えてくれる本書を、今こそ読んでみてはいかがだろうか。
文芸評論 1218970686076788066

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

報道部の今後の活動方針について(11/22更新)

本学の課外活動ガイドラインが11月3日にStep4に移行となりました。これにより、対面での課外活動が徐々に再開可能となっております。
報道部では、毎週水曜の部会をC棟教室で対面実施し、部員のノートパソコンや部室のPCを用いた紙面製作を今後行っていきます。また、前期の取材は主にオンラインで実施してまいりましたが、後期については感染症対策を万全に実施したうえで、対面での取材も再開しております。
また、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開して参ります。東北大学新聞の記事および紙面PDFは、毎号本ホームページを通して閲覧可能です。
また、広報紙『学友会』の制作については、今後随時情報を発信してまいります。

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、対面新歓期間に各回18時より、C201教室で説明会&部会を実施予定です!以下日程です。
②11/25(水), ③12/2(水), ④12/9(水)
活動内容の説明に加え、報道部の現役部員と交流ができる企画も用意しております。
ぜひお気軽にご参加ください!
日時・場所などの詳細はこちら

Twitter

Random Posts