作文コンクールを実施します!

報道部では、昨年度に引き続き、「『とんぺー生の夏休み』作文コンクール」と題して、「夏」をテーマとした小説やエッセイを幅広く募集いたします。
ぜひご応募ください!
応募要項はこちら

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、Zoomを利用したオンライン活動説明会が全日程終了したことを踏まえ、5月末を新歓活動の一区切りとしております。
入部を希望される方は、TwitterのDM、またはLINEの新歓公式アカウントまでその旨をお伝えください。この期間に入部していただくと、7月号の制作より参加することができます。
また、報道部では随時新入部員を募集しておりますので、興味のある方はぜひお声がけください。

課外活動の禁止措置に対する報道部の対応について(5/30更新)

3月30日、本学より課外活動の禁止(ただしオンラインでの会議や個人練習を除く)が通達されました。
報道部では、週1回行っている部会について、オンラインでの実施をいたします。紙面製作は部員のノートパソコン等で行い、当面の間ブランケット版2面で発行いたします。なお、河北新報様への折込(五橋・片平地区周辺900部)は通常通り行いますが、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布は当面行いませんので、本ホームページを通して記事をお楽しみください。
また、広報紙『学友会』については、7月の発行を見送ることとなりました。ご了承ください。

TBCラジオで紹介されます!

2019年4月23日より、TBCラジオ「NEW NEWS」(月〜金・午後4時〜)内のコーナー「学生新聞拾い読み(仮)」にて、東北大学新聞の記事が紹介されています。毎週火曜日、午後4:20頃からの放送となります。ぜひお聞きください!

読み込み中

オンラインでも「かんがえる」 ~学習支援センターが定期開催~

 本学学習支援センターでは、定期的に「かんがえるソファ」というイベントを開催している。このイベントでは、学生同士があるテーマに対して気軽に意見を交換し合うことができる。昨年度までは川内北キャンパスのマルチメディア教育研究棟で開催していたが、今年4月以降、新型コロナウイルス感染症の影響で大学構内への立ち入りが制限されているため、Zoomを用いて開催している。オンライン上での開催は初めての試みであり、運営にあたっては苦労も多いという。


 対面時との違いの一つとしてあげられたものに、司会者の技量がある。オンラインでは対面時に比べてお互いの反応が分かりにくくなる。そのため、沈黙が許容されやすくなる反面、一人ひとりの話が長くなり過ぎる傾向にある。話し合いを適切な時間に収めるためにも司会者の技量が通常時よりも求められるという。

 また、懸念事項の一つとしてインターネットの通信速度や回線の安定性が挙げられた。通信が不安定だと、発言が聞こえず話し合いが滞ってしまう場合がある。幸い、現在までインターネット回線が原因のトラブルは発生していないが、今後そのようなトラブルが発生しないとは限らないため、現在も不安は消えないままだという。

 もちろん、オンライン上での開催にはメリットもある。現在は、事前にZoomのURLを知らせなければいけないため完全予約制を取っている。そのため、予約不要で参加できる対面時とは異なり、イベント前にどのような人が参加するか確認できるようになり、イベントのシミュレーションがしやすくなったという。さらに、オンラインではキャンパス間の移動をする必要がないため、川内北キャンパス以外で授業を受けている学生の参加が増えた。その結果、より多くの学部の学生が参加できるようになったことがという。

 対面での実施とは異なる苦労の多いオンライン版「かんがえるソファ」。運営チームの中では、従来の対面型では参加のハードルとなっていたキャンパス間の移動や通学時間などを考慮しなくても良いため、ターゲットが広がるのではという肯定的な意見もある。対面での活動が再開されたときにオンラインでの開催を併用していくかについては、今後、話し合いを重ねて慎重に検討していくという。
新型コロナウイルス感染症 4319787499267174156

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts