作文コンクールを実施します!

報道部では、昨年度に引き続き、「『とんぺー生の夏休み』作文コンクール」と題して、「夏」をテーマとした小説やエッセイを幅広く募集いたします。
ぜひご応募ください!
応募要項はこちら

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、Zoomを利用したオンライン活動説明会が全日程終了したことを踏まえ、5月末を新歓活動の一区切りとしております。
入部を希望される方は、TwitterのDM、またはLINEの新歓公式アカウントまでその旨をお伝えください。この期間に入部していただくと、7月号の制作より参加することができます。
また、報道部では随時新入部員を募集しておりますので、興味のある方はぜひお声がけください。

課外活動の禁止措置に対する報道部の対応について(5/30更新)

3月30日、本学より課外活動の禁止(ただしオンラインでの会議や個人練習を除く)が通達されました。
報道部では、週1回行っている部会について、オンラインでの実施をいたします。紙面製作は部員のノートパソコン等で行い、当面の間ブランケット版2面で発行いたします。なお、河北新報様への折込(五橋・片平地区周辺900部)は通常通り行いますが、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布は当面行いませんので、本ホームページを通して記事をお楽しみください。
また、広報紙『学友会』については、7月の発行を見送ることとなりました。ご了承ください。

TBCラジオで紹介されます!

2019年4月23日より、TBCラジオ「NEW NEWS」(月〜金・午後4時〜)内のコーナー「学生新聞拾い読み(仮)」にて、東北大学新聞の記事が紹介されています。毎週火曜日、午後4:20頃からの放送となります。ぜひお聞きください!

読み込み中

【一言居士】―2020年5月―「空白」の日々

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて、私たちの生活は180度変化した。不要不急の外出や人との接触を避けることを余儀なくされている▼私自身、当初はこの生活に抵抗があった。これまでの大学生活2年間はバイトに部活、娯楽と、可能な限り予定を詰め込むことに注力していたからだ。その方が単純に大学生として充実した生活を送っていると思っていた。予定がないことを嫌う「空白恐怖症」という言葉もあるらしい▼3月まで予定でびっしり埋まっていたスケジュール帳も今では空白だらけ。一人で家にいる時間は長く、誰とも話さない日も少なくない。幸か不幸か、嫌っていた「空白」の生活にも慣れてしまった。日常のストレスから解放され、好きなことができる時間が増えるという点ではむしろ快適かもしれない▼どちらの生活が理想か、まだ結論は出せない。ただ、この自粛期間が新しい視点を与えてくれたことは確かだ。できることが制限される中で逆に今だからこそできることが広がる。それは個人の範囲にとどまらず、社会全体でも。
(文責・唐木)
一言居士 5427701180068365781

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts