報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、秋のオンライン新歓を開催中です。
活動内容の説明に加え、報道部の現役部員と交流ができる企画も用意しております。
ぜひお気軽にご参加ください!
詳細はこちら

報道部の今後の活動方針について(10/2更新)

本学の課外活動ガイドラインが9月4日にStep3に移行となりました。これにより、課外活動の制限が緩和されています。
報道部では、週1回行っている部会のオンラインでの実施、部員のノートパソコン等を用いた紙面製作を継続いたします。また、前期の取材は主にオンラインで実施してまいりましたが、後期については感染症対策を万全に実施したうえで、対面での取材も徐々に再開していく予定です。
10月号(10月中旬発行予定)は例年通り、ブランケット版6面で発行いたします。河北新報様への折込(五橋・片平地区周辺900部)は通常通り行います。また、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開していきたいと考えております。再開時期等決まりましたらお知らせいたします。それまでは本ホームページを通して記事をお楽しみください。
また、広報紙『学友会』については、10月に6面編成(3つ折り)で発行予定です。もうしばらくお待ちください。

読み込み中

東北大学新聞紹介

  「東北大学新聞」は、本学公認の唯一のメディアである学友会報道部が発行している新聞だ。例年、月に一度の通常号と、オープンキャンパス号を含む3つの特別号を発行しており、取材や記事の執筆、編集作業といった様々な活動を部員が協力して行っている。現在は、新型コロナウイルス感染症の影響で対面の部活動が制限されるなか、新入部員も迎え、計25人でオンラインでの新聞制作に取り組んでいる。

 

 本紙は、全国各地の高校への配布を通じ、多くの高校生にも親しまれている。本号は、特に本学に関心のある高校生の皆さんにとって必見の情報が満載なので、より多くの人に読んでもらえれば幸いだ。本号の責任者である大槻周平さん(法・2)は「学生目線からの大学の様子を知ってほしいという思いで作りました。仙台で待っています」と話した。

 なお、報道部では、ツイッター(@ton_press)やホームページを運営している。ここから過去の記事を閲覧することも可能なので、ぜひ活用してもらいたい。

高校生向け 8734924724016360673

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts