読み込み中

【七大戦2020】学友会乗馬部 ~コロナで貴重な七大戦失う~

 新型コロナウイルス感染症による影響は、学友会乗馬部にも及んでいる。部員20人、馬10頭を擁する学友会乗馬部の池田有希菜さん(理・3)に現在の乗馬部の様子について話を伺った。


 馬術競技は例年、5~11月がシーズンで、ほぼ毎月大会がある。しかし、各大会の対面での開催は軒並み中止となっている。中でも七大戦は、乗馬部にとって、特に力を入れている大会であった。大学の馬術競技は、豊富な資金力で強い馬をそろえる私立大学に比べ、予算が限られる国公立大学が厳しい戦いを強いられがちである。そのため、国立大学が集まって競い合う七大戦は、乗馬部にとって貴重な大会だった。


 昨年度、九州大で開催された七大戦では、乗馬部は4位の成績であった。昨年度までの乗馬部について、池田さんは「選手が、馬場馬術、障害のそれぞれの種目に注力し、役割が分化していた」と振り返る。その点を改善し、選手の役割を統合するために、どの選手も両方の種目ができるような練習に励んできた。今年度の七大戦では、改善された総合力をもって、昨年度よりも好成績を収められるのではないかと期待を抱いていた。


 新型コロナウイルス感染症による影響で最も深刻なことは、七大戦を含む各種大会の中止だ。「大会の中止で、部員のモチベーションを維持するのがなかなか難しい」と池田さんは肩を落とす。対面の大会は中止になっているが、各大学でビデオを撮り、それを審査するオンライン形式の大会もある。しかし、3年生は結果を出す一方で、まだ経験が少ないために1・2年生は大会に出場できていない。試合ができないことの対策として、部内試合を企画しているが、それでも全部員のモチベーションの向上にはつながっていないという。


 しかし、悲観してばかりではない。3年生はオンラインの大会で全国大会への出場権を得た。また、今年度、既に6人の1年生が入部した。池田さんは、新型コロナウイルス感染症による影響は読めないとはしながらも、さらに部員を集めるために、今後、対面新歓が可能になることに期待をのぞかせる。「馬に乗ってみて初めて乗馬のよさが分かる。対面新歓が可能になったら、まずは気軽に乗馬体験に来てほしい」と呼びかけた。

新型コロナウイルス感染症 2001216121678889654

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

報道部の今後の活動方針について(11/22更新)

本学の課外活動ガイドラインが11月3日にStep4に移行となりました。これにより、対面での課外活動が徐々に再開可能となっております。
報道部では、毎週水曜の部会をC棟教室で対面実施し、部員のノートパソコンや部室のPCを用いた紙面製作を今後行っていきます。また、前期の取材は主にオンラインで実施してまいりましたが、後期については感染症対策を万全に実施したうえで、対面での取材も再開しております。
また、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開して参ります。東北大学新聞の記事および紙面PDFは、毎号本ホームページを通して閲覧可能です。
また、広報紙『学友会』の制作については、今後随時情報を発信してまいります。

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、対面新歓期間に各回18時より、C201教室で説明会&部会を実施予定です!以下日程です。
②11/25(水), ③12/2(水), ④12/9(水)
活動内容の説明に加え、報道部の現役部員と交流ができる企画も用意しております。
ぜひお気軽にご参加ください!
日時・場所などの詳細はこちら

Twitter

Random Posts