読み込み中

【ニュース】宮城県美術館移転断念 ~川内での現地改修へ~

 


 宮城県美術館の移転の是非を巡り、昨年11月、村井知事は仙台医療センター跡地への移転を断念し、現在の川内地区での改築を行う方針を明らかにした。


 2018年には、県教育委員会が現地での増改築方針を策定していた。しかし、県の有識者懇話会が、2019年に県民会館など10の公共施設を集約、複合化する案を発表。老朽化が進む公共施設の管理費削減や、複合化による集客面や文化・芸術の表現面での相乗効果を生み出す狙いがあった。この移転案に対し芸術関係者や市民団体が、建物の文化的価値の保全、文教地区川内の文化性の維持を訴え、現地存続を求めていた。本学文学研究科の野家啓一名誉教授ら本学関係者で作る有志の会も、同様の理由で現地存続を求める要望書を県に提出していた。


 移転断念の理由として、知事は「財政面に文化の視点を取り入れ、最終判断した」と説明。経費のかかる増築では無く、長寿命化の改修に留める。県民の声が県政に届いた形となった。


ニュース 8639072617062782396

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

報道部の今後の活動方針について(11/22更新)

本学の課外活動ガイドラインが11月3日にStep4に移行となりました。これにより、対面での課外活動が徐々に再開可能となっております。
報道部では、毎週水曜の部会をC棟教室で対面実施し、部員のノートパソコンや部室のPCを用いた紙面製作を今後行っていきます。また、前期の取材は主にオンラインで実施してまいりましたが、後期については感染症対策を万全に実施したうえで、対面での取材も再開しております。
また、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開して参ります。東北大学新聞の記事および紙面PDFは、毎号本ホームページを通して閲覧可能です。
また、広報紙『学友会』の制作については、今後随時情報を発信してまいります。

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、対面新歓期間に各回18時より、C201教室で説明会&部会を実施予定です!以下日程です。
②11/25(水), ③12/2(水), ④12/9(水)
活動内容の説明に加え、報道部の現役部員と交流ができる企画も用意しております。
ぜひお気軽にご参加ください!
日時・場所などの詳細はこちら

進路データ

Twitter

Random Posts