「東北大学新聞」オープンキャンパス号を配布しました

7月25日、26日に行われたオープンキャンパスにて、「東北大学新聞」オープンキャンパス号を配布しました。
記事は特設ページから→https://tonpress-oc2017.blogspot.jp/
また上部メニューの「PDF版はこちら」からはPDF版をご覧いただけます。

平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞受賞

東北大学学友会報道部は、平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。
今年度は20団体が受賞しております。
今後とも学友会報道部をよろしくお願いいたします。

読み込み中

【働くこととは】乗馬クラブ クレイン 仙台泉パークタウン営業部チーフ 中口和也さん

 第13回目となる「働くこととは」。今回は、乗馬クラブクレイン仙台泉パークタウンで営業部チーフを務める中口和哉さんに話を伺った。


―現在の仕事について
 昔は、乗馬クラブとは上流階級の社交場でした。しかし今は多くの人に開放されています。一部の人だけでなく、あらゆる人に乗馬ライフを提供し、乗馬を広く普及することが私の仕事です。

―乗馬クラブクレインの業務は
 主に二つあります。一つ目は、健康や癒しのために乗馬をする会員をサポートすること。もう一つはインストラクターや厩務員(きゅうむいん)を養成することです。馬に携わったことが無い人でも、馬に関する知識や技術、指導者としてのスキルを一年かけて磨きます。

―入社した理由は
 馬に乗る人生に憧れがあったんです。しかし、乗馬クラブクレインを選んだのはたまたまですね。冷やかしのつもりで申し込んだのですが、採用されていました。午年に就職活動をした縁かもしれませんね。

―学生時代について
 アルバイトに精を出しましたが、学業はあまり取り組みませんでした。今になって思えば、もう少し勉強しておけば良かったですね。当時は勉強の仕方を知らず、単位を取ることだけに集中していました。勉強によって得られる「知る喜び」は、社会人になってから知りました。
 また大学時代に、四国を自転車で一人旅をしました。旅行について計画を立てるのですが、アクシデントが起こり必ずしも計画通りになりません。そのアクシデントをどのように乗り越えるかの繰り返しでした。その経験により、計画に依存せずに、現実に対応する大切さを学びました。

―馬との関わり方について
 馬は人間をよく観察し、自分の面倒を見てくれる人になつきます。そういう意味では、馬の前では人は平等なんです。人と犬は主従関係ですが、人と馬は友人関係だと思って仕事をしています。馬と一緒にいると分かるのですが、馬はとても賢く、そして我慢強いです。馬を信用しないと、馬も私を信用してくれません。人と馬との信頼関係が、この仕事において重要ですね。

―中口さんにとって働くこととは
 自己成長と、自分を磨くためのツールだと思います。就職したばかりのときは、仕事は辛いものだと思っていました。しかし自分から仕事を見つけて動くようになると、仕事は辛くなくなりました。受け身の姿勢だと何をやっても辛いだけなんです。私は、仕事を通じてこのことを学びました。

―東北大学生に一言
 東北大学には、日本を変えてくれる人が多くいると思います。失敗を恐れずにチャレンジしてほしいですね。
働くこととは 142300443510704492

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts