報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

祝・七大戦連覇!448号(次号)で特集します

東北大学が今年の七大戦も制覇、2年連続14度目の総合優勝を飾りました!
14度目の総合優勝は、京大に並び最多タイです。
参加団体の皆様おめでとうございます。
次号の東北大学新聞では七大戦優勝を取り上げます。発行は10月中~下旬です。
合わせて、北海道胆振東部地震に被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

【告知】東大寺の歴史を学ぶ「東大寺展」 ~東北地方との類似点とは~

 先月28日から、多賀城市の東北歴史博物館で「東大寺展」が開催されている。東大寺に所蔵されている国宝や重要文化財など150点もの品々が展示されている。




 この展覧会のテーマは「復興を支えた人々の祈り」である。東日本大震災で大きな被害を受けた東北地方の復興を祈念する催しとして開催するに至った。

 奈良時代に建てられた東大寺は2回の焼失を経験している。一回目は平安時代、源平合戦の中の治承・寿永の乱で興福寺などとともに、二回目は戦国時代の争いの中でに焼失している。

 しかしながら度重なる焼失にもかかわらず、東大寺はその当時の人々の尽力によって再建されて現在にまで受け継がれている。「3・11からの復興祈念」といっているのは、7年たってもなお復興が十分に進んでいない東北地方の今を、度重なる焼失に遭い困難を経験してきた東大寺に類似するものだと見出したからであろう。

 この東大寺展の一番の目玉は「重源上人坐像」と「公慶上人坐像」である。重源と公慶は東大寺が焼失した2回それぞれで東大寺再建を手掛けた重要人物である。このうち「重源上人坐像」のほうは国宝に、「公慶上人坐像」は国の重要文化財に登録されている。この二点は多くの見学者の注目を集めており、彼らは熱心にその細部を観賞していた。

 東大寺のほかにも弥生時代の貝塚や、武士が身に着けていた甲冑、そして昭和の駄菓子屋の実物など古代から現代にかけての歴史を時系列で感じられるように展示がされている。また、東北地方の祭りや民俗芸能などに関する映像展示室や学芸員による講演会等、さまざまな催しも用意されている。

 東大寺を学ぶために、また歴史を感じに、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。東大寺展は来月24日まで開催されている。入場料は大学生含む一般1500円。
告知 7756306771282500906

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts