報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

報道部と「テクルペ」がコラボし、定期連載を行います

5月10日より、本学と仙台放送が運営する「東北大学ポケットガイド テクルペ」に、これまでの東北大学新聞の記事が定期的に掲載されることとなりました!!
今まで以上に多くの方に読んでいただけると幸いです。

羽生結弦選手パレードの写真特集ページを開設しました

羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレードで報道部が取材した際に撮影した写真をまとめた特設ページを開設しました。
杜の都の感動をもう一度思い出しませんか?
特設ページはこちら
記事はこちら
記事PDF版は上部メニュー「PDF版はこちら」から、445号1面及び4面をご覧ください。

合わせて、国民栄誉賞の受賞が決定した羽生選手、誠におめでとうございます!

本HP通算60万ビュー数達成!

6月9日、報道部HPの通算60万ビュー数を達成いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

読み込み中

【七大戦特集⑦】水球サークル・鰯's ~今年から準加盟団体に昇格、今後の活躍に期待~

 学友会所属の運動部以外にも、七大戦で活躍した団体がある。水球サークル鰯‘s(いわしーず)だ。結成6年目、練習場所や時間の確保に喘ぎながらも健闘した。

水球は「水中のハンドボール」とよばれる競技。水深2mのプールに長方形のコートを展開し、互いにボールを奪い合って、コート両端にあるそれぞれのゴールへのシュートを目指す。七大戦では7分間を1クォーターとして、4クォーターにわたり試合を行った。 




 鰯‘sでは現役部員として、学部生に限らず大学院生も活動している。七大戦では規定上学部生以外は参加できないが、オープン参加という形でチーム一丸となって戦った。しかし技術よりも体力が追い付かなかった。普段の練習は仙台二高の水球部へ指導がてら混ざるほか、県内にあるプールで不定期に行うのみ。秋以降は高校のプールが開かれないこともあり、オフシーズンへ突入する。代表を務める中村優基さん(工・4)は「絶対的な練習量不足が浮き彫りになった」と振り返る。

 そんな環境に変化が生まれそうだ。鰯‘sは7月、本学準加盟団体への昇格が決まった。加えて本学川内キャンパスでは屋内プールを建設中。「年中使えるプールが近くにあれば、練習も多くできる」と中村さんは期待を寄せる。

参加した六大学(*)のうち、本学以外はどこもインカレへの出場権を争うほどの強豪校だ。「来年は勝ちたい」。水中を軽やかに舞う鰯たちの挑戦は続く。

(*)……北海道大学は不参加
七大戦 5723240965885955375

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts