報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

報道部と「テクルペ」がコラボし、定期連載を行います

5月10日より、本学と仙台放送が運営する「東北大学ポケットガイド テクルペ」に、これまでの東北大学新聞の記事が定期的に掲載されることとなりました!!
今まで以上に多くの方に読んでいただけると幸いです。

羽生結弦選手パレードの写真特集ページを開設しました

羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレードで報道部が取材した際に撮影した写真をまとめた特設ページを開設しました。
杜の都の感動をもう一度思い出しませんか?
特設ページはこちら
記事はこちら
記事PDF版は上部メニュー「PDF版はこちら」から、445号1面及び4面をご覧ください。

合わせて、国民栄誉賞の受賞が決定した羽生選手、誠におめでとうございます!

本HP通算60万ビュー数達成!

6月9日、報道部HPの通算60万ビュー数を達成いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

読み込み中

【七大戦】学友会女子バレー部 守り勝つバレーを目標に

 七大戦・女子バレーボールが8月6日から10日にかけて宮城野体育館で行われる。学友会女子バレーボール部主将である上原千央さん(工・4)に話を伺った。

 上原さんは「レシーブは七大学のなかでも特に強みだが、サーブやクイックにも注目してほしい」と語る。女子バレー部は昨年からレシーブでつないでいくプレーを中心とした練習を行っている。ボールにとことん食らいつき、粘りのあるプレーで守備を固めていく方針だ。レシーブ練習の際のサーブをあえて相手を崩しにいくような強いサーブを打ち込むことで、サーブとレシーブお互いが技を高めあえるようにしている。そのかいあって5月末の東北地区リーグ戦2部南の優勝を果たし、昨年度より着実に力をつけていることを実感したという。
 練習中の部員の表情はいつも真剣そのもの。休憩などに見せる笑顔も束の間、ボールを追う目は一瞬もそれることがない。「練習はいつも真剣。きついけれど、勝てる喜びはそれ以上のものがある。部員一丸となって、元気良く練習している」。昨年までは指導者がいたが、今年から部員が主体となって活動している。試行錯誤を繰り返しながら、選手も、コートに立たない他の部員も、全員が協力して一つの目標を目指す。
 女子バレーボール部にとって、七大戦は4年生の引退試合となるため、特別な意味を持つ。東京大、京都大という手ごわいライバルがいるが、目標は優勝だ。レシーブやクイックなど、昨年度よりさらに強みとなった守備、攻撃はもちろんのこと、選手を支える控えやマネージャーの働きにも注目だ。上原さんは「全力で勝利をもぎ取りに行くので、全力で応援よろしくお願いします。絶対優勝してみせます」と意気込む。念願の優勝なるか。注目が集まる。

七大戦 193982469100494159

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts