作文コンクールを実施します!

報道部では、昨年度に引き続き、「『とんぺー生の夏休み』作文コンクール」と題して、「夏」をテーマとした小説やエッセイを幅広く募集いたします。
ぜひご応募ください!
応募要項はこちら

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、Zoomを利用したオンライン活動説明会が全日程終了したことを踏まえ、5月末を新歓活動の一区切りとしております。
入部を希望される方は、TwitterのDM、またはLINEの新歓公式アカウントまでその旨をお伝えください。この期間に入部していただくと、7月号の制作より参加することができます。
また、報道部では随時新入部員を募集しておりますので、興味のある方はぜひお声がけください。

課外活動の禁止措置に対する報道部の対応について(5/30更新)

3月30日、本学より課外活動の禁止(ただしオンラインでの会議や個人練習を除く)が通達されました。
報道部では、週1回行っている部会について、オンラインでの実施をいたします。紙面製作は部員のノートパソコン等で行い、当面の間ブランケット版2面で発行いたします。なお、河北新報様への折込(五橋・片平地区周辺900部)は通常通り行いますが、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布は当面行いませんので、本ホームページを通して記事をお楽しみください。
また、広報紙『学友会』については、7月の発行を見送ることとなりました。ご了承ください。

TBCラジオで紹介されます!

2019年4月23日より、TBCラジオ「NEW NEWS」(月〜金・午後4時〜)内のコーナー「学生新聞拾い読み(仮)」にて、東北大学新聞の記事が紹介されています。毎週火曜日、午後4:20頃からの放送となります。ぜひお聞きください!

読み込み中

【寄稿】本学男声合唱団OB会

 東北大学男声合唱団OB会は2007年以来ほぼ1年おきに、6月に「梅雨の晴れ間に」などの名称で、大学OB男声合唱団間の交流を重ねています。




 6月19日練馬文化センター大ホールにて、東京大学音楽部OB合唱団アカデミカコールと賛助に東京大学音楽部女声合唱団コーロ・レティツィアを招いて「梅雨の晴れ間に 2016」を開催しました。これは、11年6月に、東京大学、九州大学、東北大学の三大学OB男声合唱団が集い、歌うことで復興に向けて貢献をしようと東京・品川で開催した「今こそ 歌を!東日本大震災復興支援 三大学ジョイントコンサート」、13年6月に、仙台・川内萩ホールで、北海道大学のOBも加わった四大学OBによる「歌い継ごうあしたへ!」コンサートを引き継いでのものです。


 今回は、東日本大震災から5年経って、復興途上の皆さまに、引き続き支援の気持ちをお届けしようと企画していたところ、熊本地震の発生がありました。そこで再び歌うことによって復興支援に貢献しようとする「今こそ 歌を!」という思いをこめたコンサートとして実現しました。


 東北大学男声OB合唱団は、東京・仙台での練習を積み重ね、東京・仙台・更に遠く鳥取からのメンバーも交えた総勢54名が、加藤旨彦さん(昭和54年工学部卒)の指揮で、大中恩作曲の「島よ」(伊藤海彦作詞)を演奏し満場の聴衆から熱い拍手を受けました。両校のOB合唱団員が声を合わせて両校の学生歌「青葉もゆるこのみちのく」並びに「大空に」を歌い上げてスタートした合同演奏ステージでは、東日本大震災復興後、カワイ出版が企画した「歌おうNIPPON」プロジェクトに応募された佐藤賢太郎作詞、作曲の「前へ」を採り上げました。サブタイトルに熊本地震を加えて「東日本大震災・熊本地震の被災者の皆様へ」としました。また、アンコールに、仙台で生まれた東日本大震災復興のテーマソング「あすという日が」を女声が加わっての演奏をいたしました。


 演奏会での収益並びに打ち上げでのカンパを加えた余剰金で、わずかですが、被災地の合唱連盟への寄付を検討しています。


 次は、再び仙台でという声があり、九大、北大にも呼びかけ、来年6月川内萩ホールでの演奏会の実現にむけ、下準備にはいっています。まとまりましたなら、改めて皆様に応援のお願いをさせていただきますので、その折にはよろしくお願い申し上げます。


寄稿 6983280769205279203

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts